ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Sony Mobileの最新フラッグシップ「Xperia X Performance」を発表、6月中旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソフトバンクは 5 月 11 日、SoftBank スマートフォンの 2016 年夏モデルとして、Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia X Performance」を発表しました。発売時期は 6 月中旬で、5 月 17 日より予約受付が行われます。Xperia X Performance は丸みを帯びたアルミフレームとラウンドエッジ加工のガラスパネルを採用したデザイン性に優れる 5 インチスマートフォン。NTT ドコモや KDDI からも同時期にほぼ同じ仕様の Xperia X Performance が発売されます。ソフトバンク版はグローバルモデルをカスタマイズした国内専用仕様となっており、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイにも対応しています。Xperia X Performance の大きな特徴はカメラです。リアカメラには 1/2.3 型の Exmor RS を採用しており、新たに Hybrid AF を進化させた「Predictive Hybrid AF」機能を追加。フロントカメラには 1/3 型の Exmor RS(F2.0 レンズ)を採用しており、自撮り画質を改善しています。また、バッテリーの持続性については、STAMINA モードの技術に加えて、Qnovo 社のアダプティブチャージングテクノロジを導入し、バッテリーの残量に応じて電圧を細かく調整しながら充電することで、バッテリーパックの寿命を延長しています。Xperia X Performance の主要スペックは、Android 6.0 Marshmallow、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 820 クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD、背面に 2,300 万画素、前面に 1,300 万画素カメラ、2,580mAh バッテリー、側面に指紋リーダーを搭載しています。また、LTE の速度は下り最大 262.5Mbps / 上り最大 37.5Mbps です。カラバリはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの 4 色となっています。Source : ソフトバンク

■関連記事
Moto G(4th Gen)のディスプレイユニットがeBayに出品される
NTTドコモ、MIL規格やiris Passportに対応した10.5インチAMOLEDタブレット「arrows Tab F-04H」を発表
Google、NexusデバイスやPixel CのOTAファイルを公開開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。