体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

UX(ユーザ体験)から企画を考えてみよう──エンジニアのための企画書講座vol.5

1. UXってなんだろう?


部長が「もっとUXを導入して製品のレベルを上げていこう」と言っているんだけど、最近よく耳にするUI/UXって…何!?


UXポリスだ。UIとUX混同罪で逮捕する!


ひゃあ!

というのは冗談で、実際にUI/UXという表現があるように、UXというのはなんとなく良いUIを作ることと思われがちなところはあるよね。UI/UXと表記する場合はそのことを指すけれど、UXとだけ表記されるときはもう少し大きい範囲、その名の通りサービスや商品にまつわるユーザ体験全体のことを表す言葉なんだ。


なるほど。なんとなく概念的には分かったような気がするけれど…。実際のところどういうことを指すのか、もっと分かりやすく一言で説明してほしい。


有り体に言うと「iPhoneやAppleのようにイケてる感じ」(※)


!!!

※参照:次世代Webカンファレンス UI/UXセッション
 ソシオメディア上野学さんの発言より

2. UXのはじまり

UXという言葉は、エンジニアであり認知科学者であるドン・ノーマンが1995年にAppleに入社する際に、”User Experience Architect”という肩書きを得たことが始まりと言われています。それから、どのようにしてUXという言葉が広まっていったのでしょうか。

UXという言葉が国内でも広く意識され始めたのは大体2010年以降。AppleのiTunesとiPhoneのように、プロダクトとサービスが密接に関係した商品が、それまでの高機能一辺倒であったり、価格競争を行っているプロダクトより広く受け入れられたことがきっかけとなるんだ。
1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。