ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハマる人続出!?コウメ太夫のツイッターが不思議な人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お笑い芸人のコウメ太夫が、ツイッターで連日のように“全盛期”と変わらぬネタを披露し、一部のツイッターユーザーの支持を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

コウメ太夫は、お笑い番組『エンタの神様』(日本テレビ系)で、頭にカツラ、顔は白塗り、着物姿で「チックショー!」と絶叫するネタで一躍ブレイク(当時は「小梅太夫」。2009年に「コウメ太夫」に改名)。また2013年8月には「第1回ムーンウォーク世界大会」で準優勝を果たし、ネタからは想像もつかないキレッキレのダンスがYouTubeに投稿されて話題になったこともある。

いわゆる“一発屋芸人”の枠で括られ、最近ではテレビでその姿を見ることもまれなコウメ太夫だが、自身のツイッターアカウントでは、「#まいにちチクショー」というハッシュタグをつけ、1日1ネタペースで新ネタを披露している。例えば、

「バラを口でくわえて格好つけていたら~、 トゲが刺さって血まみれになりました~。 チクショー!!」(4月27日)
「つくねだと思っていたら~、 味わってみたらキツネでした~。 チクショー!!」(5月1日)
「お風呂あがりにコーヒー牛乳を買ったら~、 飲んでみたら泥水でした~。 チクショー!!」(5月4日)
「海賊船がこっちへ向かってくると思ったら~、 よく見たらアヒルボートでした~。 チクショー!!」(5月6日)

といった具合。その芸風は全く変わっておらず、内容も何とも微妙だが、どうにも中毒性があるようで、

「コウメ太夫の1日1回ツイートされるクソくだらないネタ見るのが最近のトレンド」
「コウメ太夫ちゃんと毎日続けてるのはいいし、普通に面白いんだけど何が面白いって毎回リズムが合わないとこ」
「コウメ太夫のツイッター面白すぎるから勘弁して欲しい」
「コウメ太夫が好きすぎる。面白くなさすぎで逆に新しくて面白い」

と、その魅力にハマっている人は少なくない。

ネタツイートは、毎回数百人にリツイートされており、評価を下す人、マジメにツッコミを入れる人、絶賛する人など、“楽しみ方”は色々。独創的なスタイルを貫き通す姿勢に、再評価の機運が高まっている。

(金子則男)
(R25編集部)

ハマる人続出!?コウメ太夫のツイッターが不思議な人気はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

コウメ太夫の新ネタ誕生秘話に困惑
メイプル超合金・カズレーザー謎Twitterが話題
オリラジの新歌ネタ「中毒性ある」
プチ人気芸人解散続出に切ないの声
小島よしお 職業意識の高さ高評価

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP