ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタイリッシュでポータブル!「V One」はサングラス型のVRヘッドセット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VRヘッドセットといえば、「オキュラスリフト」や「ギアVR」などが真っ先に頭に浮かぶ。最近ではGoogleの「カードボードVR」も話題になったが、それらの共通点は箱形でややごついこと。装着しているところを見ると正直、“野暮ったい感”は否めない。

それに比べると、中国のメーカー「Dlodlo」がこのほど発表した「V One」はスタイリッシュなデザインだ。サングラス型で、重さわずか78グラムとなっている。

・視野角は100度

V Oneは同社が開発した小型コンピューター「D-BOX」と連携させて使う。

D-BOXはアンドロイドOSで動き、マイクロHDMI端子などを備える。これに接続させられるPCのVRゲーム、PSP、XBOXなどがV Oneに反映されるという仕組みだ。

視野角は100度、解像度は2560×1024となっている。

・連携コンピューターも小型

これまで、VRヘッドセットといえば箱形のデザインが多い中で、V Oneのサングラス型は斬新。厚さはわずか16ミリ、重さも78グラムと軽量なので持ち運びも簡単だ。

D-BOXの方も117×59.6×9.5ミリ、重さ106グラムとポータブルサイズとなっている。

発売日や価格などについてはまだ明らかになっていないが、「いかにも」的なデザインが多いVRヘッドセットのマーケットに食い込む余地は十分にありそうだ。

V One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP