ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、MIL規格準拠のタフネスモデル「arrows SV F-03H」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 5 月 11 日、ドコモスマートフォン 2016 年夏モデルとして、富士通製 Android スマートフォン「arrows SV F-03H」を発表しました。発売時期は 6 月下旬です。F-03H は 5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶や Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したエントリーモデルです。OS は Android 6.0 Marshmallow を搭載しています。F-03H の特徴は、アルミフレームを採用したエレガントなデザインを採用しながらも、耐久性に優れれているところです。IP68 の防水はもちろん、MIL 規格の 14 項目に準拠した耐衝撃性も備えています。アルミフレームにはオートバイのブレーキバッドで見られるハードアルマイト処理が施されており、バックカバーにはキズや指紋の付着に強いハードコート処理が施されています。F-03H はワンセグに対応しているのですが、最近のスマートフォンでは珍しくアンテナを内蔵しており、別途アンテナを接続しなくてもテレビを視聴できます。フルセグや生体認証、Premium 4G には対応していません。OS:Android 6.0 Marshmallowサイズ:144 x 72 x 7.8mm、質量 140g 台(予定)ディスプレイ:5 インチ、解像度 1,280 × 720 ピクセル(HD)、液晶プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコア、Adreno 306メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB、microSD / microSDHC / microSDXC(最大 200GB)リアカメラ:1,310 万画素フロントカメラ:500 万画素対応周波数(国内):WCDMA(800 / 2100MHz)、FDD-LTE(800 / 1700 / 2100MHz)対応周波数(国外):GSM(850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz)、WCDMA(850 / 2,100MHz)、FDD-LTE(1,700 / 2,100MHz)FOMA ハイスピード(HSPA):下り最大 14Mbps、上り最大 5.7MbpsLTE:下り最大 150Mbps、上り最大 50Mbps/li>ワイヤレス通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA外部端子類:3.5mm オーディオジャック、Micro USB、心拍センサー、指紋リーダー付き電源ボタンバッテリー:2,580mAh実使用時間:-ハイレゾ再生:×LTE / Wi-Fi の同時利用:×生体認証:×緊急省電力モード:○spモード:○ドコモメール(クラウド):○おサイフケータイ:○(NFC)テレビ機能:ワンセグ耐久性:防水(IPX5 / X8)、防塵(IP6X)テザリング:○(Wi-Fi は最大 10 台)おくだけ充電(ワイヤレス充電):×VoLTE:○VoLTE HD+:×WORLD WING:○SIM カード:Nano SIMSource : NTT ドコモ

■関連記事
NTTドコモ、「iコンシェル」に音声による“会話モード”などの機能を7月に追加
NTTドコモ、7月より「家のあんしんパートナー」のメニュー拡充と共に「dリビング」にリニューアル
NTTドコモ、ハイスピードIGZOを採用した5.3インチスマートフォン「AQUOS ZETA SH-04H」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP