ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「iコンシェル」に音声による“会話モード”などの機能を7月に追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 5 月 11 日、月額 100 円 + 税のパーソナルサービス「i コンシェル」に対し、音声インターフェースの提供や Android タブレット向けホームアプリの提供など、機能拡充を 7 月に行うと発表しました。追加される機能は、“会話モード” と話しかけることによって Google Now のボイスコントロールのような情報検索や機能の呼出し操作が可能となる「音声インターフェース」、天気や鉄道運行情報などを常時ホーム画面に表示しダイレクトに音声操作も可能となる Android タブレットの用のホームアプリ「i コンシェル ホーム」、スーパーマーケットや 55 項目の地域行政情報を確認できる「情報提供機能」、留守中に家に置いてある端末が検知した動きを手元の端末に知らせてくれる「るすばん機能」、家族などのグループ間でスケジュールやメモを共有できる「グループ連携機能」の 5 つです。「i コンシェル ホーム」については Android 5.0 以降が対象となります。またグループ連携機能では、「i コンシェル」の契約をしていない方でもグループに追加することが可能です。このほか、「るすばん機能」については既に提供が開始されている「家のあんしん」アプリを家に置いておく端末にインストールしておく必要があります。Source : NTT ドコモ

■関連記事
NTTドコモ、7月より「家のあんしんパートナー」のメニュー拡充と共に「dリビング」にリニューアル
NTTドコモ、MIL規格準拠のタフネスモデル「arrows SV F-03H」を発表
NTTドコモ、ハイスピードIGZOを採用した5.3インチスマートフォン「AQUOS ZETA SH-04H」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP