ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一〝まずい〟キャンディ!? フィンランドのサルミアッキ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国が違えば、文化が違います。さまざまな違いがあるなかでも、食べ物はよりはっきりと文化の違いを感じることができるものではないでしょうか。

北欧諸国で子供から大人まで幅広く愛されているお菓子に「サルミアッキ」というキャンディがあります。名前を聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、実はこのキャンディは北欧人以外の人びとから「世界一まずい」と言われてしまうほど独特の味がすることでも知られています。もちろん、現地では大衆的な人気を誇るキャンディですから、そんなことを言ったら怒られてしまうかもしれませんが……。

サルミアッキは黒に近い暗褐色をしていて、キャンディというよりも固めのゴムのような食感をしています。そしてキャンディでありながら甘味はまるでなく、むしろしょっぱくて、何より強烈なアンモニア臭が特徴です。それもそのはずで、サルミアッキはリコリス(甘草の一種)と塩化アンモニウムを原料にしているのです。サルミアッキという語も北欧語で化学物質の塩化アンモニウムのことを指しているそうで、いったいどうしてそんなにも食欲がそそられないものをキャンディにしてしまったのか、やはり文化の違いというものの大きさを実感せずにはいられません。しかし、フィンランドではキャンディだけではなく、アイスクリームやガム、ドーナツ、コーラなど、さまざまな食品に「サルミアッキ味」があるそうです。さらにサルミアッキ入りウォッカは、サルミアッキの強烈な風味によってアルコールの味が感じられずに飲み過ぎてしまうことから一次は販売中止になったものの、国民の強い要望で販売が再開されたとか。それほどまでにサルミアッキは愛されているのですね。日本でもインターネット通販を利用すればアルミサッキを手に入れることができるので、その独特すぎる味に興味がある方はぜひお試しを。

おすすめのレシピ

料理もスイーツも、自分で作ってみたくなったら【料理サプリ】

【無料】かんたんでわかりやすい動画付きレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

カロリーメイトのモデルとなった古き良き英国スイーツは?
おいしいスコーンには“狼の口”がある…ってどういう意味!?
紅しょうがってなんで赤いの?紅しょうが赤いワケ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP