体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様と自動車整備工、二足のわらじを履く部族王」

オランダ在住、TABIZINEライターの倉田直子です。子どものころから、日本の常識では考えられないような、外国の面白いハナシが大好きでした! この連載で、筆者が直接または間接的に見聞きした「まさかそんなことがあるなんて!?」というお話を、みなさんとシェアしていきたいと思います。

第3回目は、ドイツのお話です。

「星の王子 ニューヨークへ行く」(原題:Coming to America)という映画をご存知でしょうか。これは1988年公開のアメリカ映画で、エディ・マーフィー演じる架空のアフリカの王国の王子が、花嫁探しのためにニューヨークへやってくるというコメディ。身分を隠してハンバーガーショップで働くことから巻き起こるドタバタ劇で、大人から子供まで楽しめる作品です。けれど、この映画のような人生を送っている男性が実際にドイツにいると話題になっています。

西アフリカにある部族国Gbi

その噂の方は、西アフリカのガーナ出身、セーファス・バンサ氏(Céphas Bansah)67歳。ガーナは共和国制度を採用している国ですが、バンサ氏はガーナと隣国トーゴ国境あたりまでを統治するGbiという部族国の王でもあります。霊的な指導者でもある伝統的な王は、今でも部族にとっては重要な役割を果たす存在なのだとか。

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

この地図の右下あたりにガーナとトーゴが見えます。しかし小国とはいえ、30万人もの民を従える王様がドイツで何をしているかというと・・・。

利き腕がもたらした数奇な運命

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

なんと、自動車整備場のオーナーとして働いているのです! もちろんご自身も現場で、油まみれになってフルタイムで働いているそう。一体どうしてそのような数奇な人生になったのでしょうか。

実はバンサ氏は、まだ20代前半だった1970年に、前国王であるおじい様から「自動車整備の技術を学ぶように」と勧められたことがきっかけでドイツに移住されました。研修期間を終え、ドイツの市民権(国籍と同等の権利)を取得したことでドイツ西部の街にご自身の整備場も立ち上げ、順風満帆な日々を送っていました。

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

しかし1987年のある日、一枚のFAXを受け取ったことからバンサ氏の運命は永遠に変わります。そのFAXに書かれていたのは、祖父である前王の訃報と、「バンサ氏が王位を継承するように」との驚きの指示でした。実はGbiでは「左利きは不浄である」とみなされているのですが、バンサ氏の父上もお兄様も左利きだったために王位継承が認められず、順番でバンサ氏に王位が回ってきたのだとか!

ITを駆使したパートタイムの王様

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

しかし既にベルリンで自分の整備工場を構え、生活の基盤を築いていたバンサ氏はGbiには帰らず、遠隔&パートタイムの王様になることを決心しました。

【連載】海外の嘘のような本当の話/第3回「王様は自動車整備工?映画のようなIT部族王」

驚いたことに、国民とのコミュニケーション手段はスカイプ。パソコンやスマートフォン越しに統治を行っているのだとか。しかし年に8回くらいはドイツからGbiに戻っているそうなので、2か月に一度は国民に直接会っていることになりますね。さすが王様、責任感があります!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。