ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震被災地支援の宝くじ「注目すべきは新幹線」と研究家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月11日に発売される「熊本地震被災地支援ドリームジャンボ宝くじ」は収益金の一部が熊本地震の復興支援に充てられる。被災地を支援しつつも、1等・前後賞の7億円を狙いたいのが人の心だ。

「発売予定額750億円のうち100億円を熊本地震の被災地支援分として発売し、収益金の40億円が被災地支援に活用される予定です」(みずほ銀行宝くじ部)

 復興支援を兼ねたドリームジャンボで注目すべきは「新幹線」だと語るのは、“山ちゃん”の愛称で知られる宝くじ研究家・山口旦訓氏である。

「ジャンボと新幹線の新線開業は深い関係がある。これまでも新線開業と前後して、新幹線沿線で億万長者が次々と誕生しています」

 山口氏が推奨する「新幹線売場」は18か所。そのうちいくつかを紹介しよう。いま最も注目すべきは、今年3月に部分開業した北海道新幹線である。開業前日に抽せんがあったグリーンジャンボは全国で1等が14本しか出なかったが、北海道と青森県から1等・前後賞6億円が出ている。

 そのひとつが北海道新幹線の始発駅「新青森駅」に近い『県病院前宝くじ売場』(青森県青森市)だ。

「2000年以降、3大ジャンボ(ドリーム、サマー、年末)で12人の億万長者を生んだ優良売り場です。2009年から当たりがピタッと止まっていたが、新幹線開業と同時に名門が復活した」(山口氏)

 同売り場の杉山晶子さんも興奮を隠せない。

「7年ぶりの1等で歓喜に沸いています。函館と新幹線で繋がったことで、北海道から来店して宝くじを買う方も増えました」

 津軽海峡を越えた北海道でのイチ押しは「新函館北斗駅」に近い『港町スーパーアークスCC』(北海道函館市)だ。昨年の年末ジャンボで史上最高賞金額となる1等・前後賞10億円を出し、売り場には、「はるばる来たぜ10億円」との看板が神々しく掲げられる。

「宝くじ業界では『販売員に孫ができると億が出る』と言われている。昨年は販売員に孫の誕生が相次ぎ、高額当せんの予感があった。今年も双子の孫が生まれた販売員がいて、“夢よ再び”とドリームジャンボに期待します」(村木直之店長)

 熊本地震で大打撃を被り、一部運休していた九州新幹線は4月27日に全面開通した。2011年3月12日に開業した九州新幹線だが、前日に東日本大震災が発生したため、沿線の風景や祝福する住民を収めた記念CMの放送を自粛した。熊本地震後、その「幻のCM」が被災地応援として拡散し、改めて九州新幹線が話題となっている。

 九州新幹線開業時も「新幹線ご利益」売り場が数多く誕生した。そのひとつが新幹線の停車駅「新鳥栖駅」に近い『筑紫野ゆめタウンCC』(福岡県筑紫野市)だ。筑紫野市の北東には、「神の宿る山」とされる宝満山がそびえる。この宝満山を仰ぐように東方を向く売り場には、佐賀県唐津市の『宝当神社』の御札が祀られている。

「1996年の開店後、初の億当せんが新幹線開通後の年末ジャンボ。翌年のグリーンジャンボで1等・前後賞5億円が出ました。まさに新幹線が億を運んできました」(坂原克司店長)

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
5000万円当たる確率最も高い「ドリームジャンボミニ5000万」
1等確率がジャンボの3倍! 「宝くじの日記念くじ」の狙い目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。