ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北朝鮮の影のナンバー2 金正恩実妹が権力掌握の可能性は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北朝鮮の首都・平壌で開かれた第7回朝鮮労働党大会で、最高位ポストとして新設された「党委員長」に就任した金正恩(キムジョンウン)氏。改めて国内外に“独裁体制”をアピールする場となったが、新しい党人事でもうひとつ注目されていたのが、正恩氏の実妹である金与正(キムヨジョン)氏の処遇だ。

 現在、与正氏は朝鮮労働党の宣伝業務を統括する「宣伝扇動部副部長」の要職に就くほか、正恩氏の補佐や一般事務を担う党書記室でも活動しているとされる。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏によれば、「いまや彼女は北朝鮮ナンバー2と称される“影の実力者”で、党指導部の幹部たちが最敬礼するほどの存在」だという。近年、正恩氏の国内視察に随行する姿も度々テレビに映し出されていた。

 今回、与正氏には党の指導部入りや政治局員への抜擢も噂されたが、結局はその下の「党中央委員」129名の中に名を連ねただけだった。前出の辺氏は、「まだ若いため、もう少し経験を積ませてからでも遅くないと判断したのでは」と、その理由を推測する。

 しかし、出世コースといわれる宣伝部で異例の昇進を遂げ、「正恩氏が他の誰よりも全幅の信頼を寄せている」(韓国紙記者)とされる与正氏とは、一体どんな経歴を歩んできた人物なのか──。

 韓国メディアなどで報じられている与正氏の情報を整理してみると、生まれたのは1987年前後で年齢は20代後半~30代前半とみられる。故金正日(キムジョンイル)総書記と高英姫(コヨンヒ)夫人との間にできた唯一の娘で、正日氏は異常なほど溺愛していたという。「生前、〈与正が女じゃなかったら後継者に据えたい〉と漏らすほどだった」(前出・韓国紙記者)。

 学生時代は兄の正恩氏と同じスイスのベルン公立学校に「ジョンスン」の名で留学。ダンス部に所属し、イラストを描くのが趣味だったとの学友談もある。

 その後、2000年に入り、正恩氏とともに北朝鮮に帰国。金日成総合大学で経済学を学んだ後、2010年ごろから朝鮮労働党内でさまざまな活動をスタートさせたと伝えられている。

「2011年12月、正日総書記死去後の追悼集会で、後継者となった正恩氏の後ろに立っていたため、以後、兄をサポートする役割を担うのではとの憶測が流れた。

 そして、2014年3月の最高人民会議選挙の際、投票場に現れた正恩氏に同行し、『党中央委員会の責任幹部』のひとりとして公式に紹介されたことから、党の重要な職に就いていることが明らかになった」(韓国紙記者)

 その後、与正氏は正恩氏の各所視察に公然と随行するようになるなど、みるみる存在感を高めていく。今年1月に北朝鮮から長距離ミサイルが発射された当日には、正恩氏とともに発射現場を視察したと報じられており、核・ミサイル開発にも関与していると指摘する向きもある。

 ちなみに、昨年10月からおよそ3か月間、与正氏の消息がプツリと途絶えたが、その間、「結婚→妊娠」したのでは? と噂された。相手は正恩氏の側近である崔竜海(チェリョンヘ)氏の息子だとか、一般人の科学者、大学教授など、さまざまな情報が錯そうしている。しかし、真相は結婚の事実自体も含めて藪の中だ。

 さて、党大会での指導部抜擢は見送られたとはいえ、今後、与正氏の立場はどうなっていくのか。

「正日氏が妹の金慶喜(キムギョンヒ)氏を党書記や政治局員に引き上げ、“彼女の言うことはオレの言うことだと思って受け止めろ”と党内で絶大な信頼を置いていたのと同じく、正恩氏が唯一心を許せるのは、血の繋がった与正氏だけ。正男(ジョンナム)氏や正哲(ジョンチョル)氏の男兄弟は政権に興味がありませんからね。

 今後も兄妹の関係はより強固になっていくでしょう。健康問題などで正恩氏に万一のことがあれば、与正氏が政権の中枢に躍り出て重要な政策を決定するようになる可能性は十分にあります」(前出・辺氏)

 韓国メディアは与正氏のことを「パワーレディー」と表現するが、いずれ北朝鮮で“女帝”が誕生する時代がやってくるのだろうか。

【関連記事】
【ジョーク】金正男から金正恩にメール「TDL破壊しないで」
北朝鮮・金正日総書記「後継・正恩」で握られた「金玉」情報
金正恩氏の年上妻 金氏が一目惚れした後2年の交際経て結婚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP