ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経歴疑惑の日銀審議委員 官邸はパペット役として選んだか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月から日本銀行政策委員会の審議委員に就任したばかりの櫻井眞氏(70)の経歴に様々な疑惑が発覚した。日銀のホームページに掲載された櫻井氏のプロフィールには、中央大学経済学部を卒業後、〈昭和51年3月 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了〉とあるが東大に博士論文は存在しなかった。

 さらに『ケインズ的経済成長の動学的性格』と題された櫻井氏の東大での修士論文が目次を含めて400字詰め原稿用紙にわずか「4枚」だったことも判明した。

 櫻井氏の来歴には、その他にも不可解な点がある。日銀HPによれば、櫻井氏は大学院を出た後、1976年に政府系の日本輸出入銀行(現国際協力銀行)に入行、1984年から「大蔵省財政金融研究室特別研究員」を務めたとされている。

 しかし、大蔵省(財務省)の1984年の職員録を調べても同研究室の職員に櫻井氏の名前は見当たらなかった。財務省秘書課の説明だ。

「保存されている30年分(1986年以降)の行政文書の記録を調べても櫻井氏が(日銀HPに記載されている時期に)財政金融研究所(1985年に改称)に在籍していた記録は確認できなかった。そもそも『特別研究員』という役職も確認できていない。ただし、1990~96年に、同研究所で非常勤、原則無給の特別研究官をされていた記録はありました」

 つまり、「1984年から大蔵省の研究所の特別研究員だった」という日銀HPの記載に疑問が生じてくるのである。そのことを重ねて聞くと、財務省の担当者は、「僕ら(財務省)がHPに書いたことなら答えられますが、日銀さんかあるいはご本人(櫻井氏)が書いたわけですから、コメントのしようがないです」と困り果てていた。

 一連の問題について聞くべく櫻井氏の自宅を訪ねたが、本人がインターホン越しに「取材は広報を通すようにいわれている」と答えるのみ。日銀広報課に質問すると、こんな答えだった。

「櫻井委員は東大博士課程を単位取得退学したと聞いています。HPにも『博士号取得』とは書いていない」

 その表記や他の経歴の問題を聞いても「それ以上答えられない。修士論文についてもノーコメント」との回答だった。こんな混乱が起きるなど、普通では考えられない。

 背景には今回の人事に絡んでの官邸の思惑がある。日銀政策委員会の内部は、微妙な勢力バランスにある。黒田総裁が2月の金融政策決定会合でマイナス金利を導入した際、9人のメンバーのうち4人が反対だった。その後、3月末で反対派の審議委員(白井さゆり氏)が任期を迎えた。

 任命権を持つ安倍内閣としては、後任に安倍―黒田ラインの経済政策を支持する人物の起用を考えるのは自然な流れだ。そんな状況の中で、任命されたのが櫻井氏だった。

 櫻井氏を説明する数少ない情報として、〈(安倍首相の経済ブレーンの)浜田宏一内閣官房参与と共著で国際金融に関する論文を主要学会誌で発表したことがある〉(毎日新聞、3月5日付)といったアベノミクス推進派との交流が挙げられ、「安倍側近の山本幸三・自民党代議士にも近い。官邸と黒田総裁は自分たちのパペットとなる実績が少ない人物を選んだのでは」(エコノミスト)と見られている。

 だとすれば、疑惑の経歴は、櫻井氏本人というより、政府が無名の人物をいかにも“大物”に見せようとして生まれたのではないか。日銀審議委員が経歴や論文への疑問に自ら答えることもできない異常事態は、一体誰が招いたものなのか。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
4月から就任した日銀審議委員の経歴疑惑に東大困惑
日銀審議委員の修論はペラ4枚で「こんなの見たことない…」
櫻井よしこ氏 豊かな鉱物資源持つ北朝鮮を中国が狙うと指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP