体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー・エリクソンの『Xperia mini』がイー・モバイル向けに『Sony Ericsson mini』として10月28日発売へ

ソニー・エリクソンの『Xperia mini』がイー・モバイル向けに『Sony Ericsson mini』として10月28日発売へ

イー・アクセスは、イー・モバイル向けAndroidスマートフォン『Sony Ericsson mini』を10月28日に発売することを発表しました。海外では『Xperia mini』として販売されている端末で、国内では最小・最軽量のスマートフォンとなります。

OSにAndroid 2.3、CPUに1GHzの『Snapdragon』MSM8255を搭載。ディスプレーは約3.0インチで、ホーム画面の四隅にショートカットを配置したユーザーインタフェースにより、片手の親指1本でも操作しやすくなっています。コントラストを向上し輪郭を強調する『モバイルブラビアエンジン』、高コントラスト、高輝度、高精細な映像表現を可能にする『Reality Display』を採用。約500万画素のカメラを搭載します。スマートフォンをWi-Fiルーターとして使えるテザリングにも対応。

着せ替え用リアカバーが付属

本体カラーはブラックとホワイト。それぞれにダークピンクとダークブルーの着せ替え用リアカバーが付属します。

料金は、本体購入価格が2年間の契約を前提とした『シンプルにねん』のプランで2万9800円(税込み)、『シンプルにねん』に『アシスト1200』を適用すると100円(税込み)。月額料金は『シンプルにねん』で総額が3795円(税込み)、『シンプルにねん』と『アシスト1200』の組み合わせで4995円(税込み)です。

『Sony Ericsson mini』主な仕様
サイズ:約W52×D88×H16mm
重量:約99g
連続待ち受け時間:約320時間
連続通話時間:約270分
ディスプレー:約3.0インチ HVGA 480×320ドット 1677万7216色
OS:Android 2.3
内蔵メモリー:512MB(RAM)、1GB(ROM)
カメラ:有効画素数約500万画素CMOS
無線LAN:IEEE802.11b/g(親機)、IEEE802.11b/g/n(子機)
テザリング連続通信時間:約4時間
Bluetooth:2.1+EDR
外部メモリー:microSC/microSDHC(最大32GB)

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。