ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレッキレのダンスを披露するのは「囚人」?世界唯一の刑務所パフォーマーが見れる場所とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「囚人」そう聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?

僕たちとは関係のない、罪を犯した罪人。犯罪者。一生関わりを持たない人々。

「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」「プリズンブレイク」「インペルダウン」「アズカバン」…何となく怖いイメージがありますよね。

photo by Kazuki Kiyosawa

僕はそんな恐ろしいイメージの「囚人」と世界で唯一、一緒に踊れるフィリピン・セブにある面白スポットがあります。

そこは、「セブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリーテーション・センター」…通称「CPDRC」へ行ってきました!

リアルタイムなフィリピン留学の写真はInstagramにて更新中!

 

「囚人」と世界で唯一、一緒に踊れるフィリピン・セブにある面白スポットがあります。

そこは、「セブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリーテーション・センター」…通称「CPDRC」へ行ってきました!

 

まずは「CPDRC」への行き方から!負けるな日本人!

photo by Kazuki Kiyosawa

「CPDRC」は山の中にあります!

セブシティに滞在しているのであれば、JYスクエア、ITパーク、アヤラモールなのでタクシーを拾って、まずは運転手に「CPCRC」への行き方を知っているか聞いてみましょう!

知っていれば次は値段交渉です!

 

「CPDRC」は山の中にあるため、メーターに上乗せで○○ペソ払えと言われるはずです!

観光客相手なので、相場より高くふっかけてくると思います。

JYスクエアからの相場はメーター上乗せ60ペソ(135円)みたいです。高ければ高いと交渉してみましょう!ここは、頑張ってください。

 

ちなみに、セブではお客さんが乗れるまでタクシーに乗せてくれます。

これは5人乗りタクシー。人数が多ければ、モーターサイクル(バイクタクシー)よりも安く移動できるはずです!
※帰りもタクシーに乗りたい場合は、事前に値段交渉しダンス終了まで待っていてもらいましょう!

ちなみに13:00にキャピトル(州政府庁舎)へ集合すれば無料で送迎してくれるそうです。

 

ダンス会場の「CPDRC」に到着!

photo by Kazuki Kiyosawa

JYスクエアから起伏の激しい山道を20分ほど走り、ようやく到着!

イベント開始1時間以上前だというのにすでにたくさんの人が集まっていました。

それもそのはず、年に12回しか行われない囚人のダンスを観に世界中から多くの観光客が集まっています。

それに加え、受刑者の身内の方がダンスを楽しみに来ています。

 

名簿に名前を記入し、荷物チェックを済まし、ようやく中へ!

photo by Kazuki Kiyosawa

僕たち観光客の荷物チェックはかなり簡単に済まされます。
(受刑者の身内は何やら厳重そうでした)

腕にスタンプを押してもらい中へ!

実はこのスタンプ、イベント終了後出口で受刑者かどうか見分けるために押されます!なので絶対に消さないように注意してください!

そして、番号の書かれたビジターパスを首からかけます。何だか僕たちが囚人みたいです。

 

入場のオススメは開演の1時間前!

photo by Kazuki Kiyosawa

15時からのイベント開演ですが、席を取るために1時間前には着いているのがベストです!

中に入るとお土産Tシャツなどが販売されていますが、立ち見にならないためにもまずは先を急ぎましょう!(イベント終了後にも買えます!)

 

中に入るとダンスを見るにあたって2つの選択肢があります!

■上からダンス全体を眺める。(しかし受刑者から遠い)
■2受刑者の目の前で迫力を楽しむ(しかし全体は見えない)

これは自由です!

イメージとしては運動会の応援を屋上で見るか、校庭でみるか。(僕は校庭で見るために階段を降りて、1番前の席を陣取りました!)

 

ついに「囚人ダンス」がスタート!その迫力に圧巻!

photo by Kazuki Kiyosawa

彼らはダンサーでなければ、パフォーマーでもない。

彼らは罪を犯した「囚人」。この光景は、中々写真じゃ伝わりません。

 

ダンスの曲はPSYやマイケル・ジャクソンのような有名な曲から、フィリピンの伝統的な(?)曲まで、炎天下の中、1時間以上も踊り続けていました。

最後は、観客も囚人と一緒になってダンスを踊ることができ、記念撮影まで可能です。

罪を犯してしまった罪人ですが、この時ばかりはまるでアイドルのような扱いを受けていました。

 

「経験」こそが「人生」だ。

photo by Kazuki Kiyosawa

最近よく思うんです。

人生に無駄なことなんて1つもなくて、「人生」って多くの「経験」で出来上がった魂の結晶なのかなって。

テレビとかスマホの液晶画面越しに見ている風景は、結局は「画面を見ている」行為に過ぎないんです。

 

「囚人と一緒に踊る」…こんな経験、人生でなかなかできるものではありません!

そんなかけがえのない経験をアナタの人生に刻みませんか!フィリピン・セブには魅力的なスポットがたくさんありますが、

是非、タイミングが合えば訪れてみて欲しいです!

 
■詳細情報
・名称:セブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリテーション・センター
・住所:Cebu City, Cebu, Phillippine
・アクセス:キャピタルセンター前からバスで15分。
・営業時間:毎月最後の土曜日のみ鑑賞可能。(月曜日~金曜日8:00~17:00の間に電話で予約が必要)
・電話番号:(+6332)253-5642, (+6332)253-1882

関連記事リンク(外部サイト)

夏の始まりを祝おう!6月に開催される海外のイベント・お祭り5選
人生に癒しの休日を!セブ島と周辺のオススメ観光スポット29選
【解明!】大人気リゾート地、セブ島の魅力って一体なんなの?!
ニューヨーク流音楽の楽しみ方!夕暮れのセントラルパークを散歩する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP