体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「やってダメなことは捨てていけばいいだけ」元世界No.1キャッチャー・里崎智也のビジネス哲学がすごい!

f:id:tyo-press:20160416162330j:plain

千葉ロッテマリーンズのキャッチャーとして活躍し、野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝に貢献。世界No.1キャッチャーとしてベストナインに選ばれるなど、輝かしい実績を残して、2014年に引退した里崎智也さん。

現在は野球解説者だけでなく、大学講師、テレビのビジネス番組の司会、本の執筆など、多方面で活躍中。そんな里崎さんの仕事の信条は「来るもの拒まず」。野球以外で今の自分に何ができるかわからないからこそ、どんなことにも挑戦していきたいと言います。その理由は「面白いから」。

一方で、美化されがちな「こだわり」「運も実力のうち」といった言葉に異議を唱えます。そして、その対義語として重視するのが「失敗」「挑戦」「成功」。これらの言葉に込められた里崎流のビジネス哲学は、まさにポジティブ・シンキング!

できないことに挑戦した方が断然面白い。

ー引退を決めた後はどんな仕事をするか、予め考えていたのですか?

f:id:tyo-press:20160416162412j:plain

具体的に考えていたことはありませんが、とにかくいろんなことに挑戦してみたい、という思いはありました。だからどんな仕事も「来るもの拒まず」です。なんでもやりたいので。もちろん「元プロ野球選手」という肩書は、いつもついてまわりますし、それを生かしていくと思います。しかし、だからといって野球だけに執着していても面白くない。できることだけをやっても面白くないでしょ? できないことに挑戦したほうが断然面白い。“野球村”に戻るのはいつでもいいんです。

ー未知の世界の仕事をやることに不安はありませんでしたか?

今はプロ野球選手を引退して、何でもできるとき。このタイミングにいろいろ挑戦しないと、チャンスを逃すと思うんです。世の中はみんな新しいものが好きじゃないですか。プロ野球選手が引退して何かやる、というときに世間は「彼は何をするんだろう?」って興味を持ってくれるんです。そういうチャンスをどう生かすかが問題。だから引退してからの1年が勝負だと思ってました。

仕事を依頼する側からすれば、誰にふったっていいんです。その「誰でもいい」という枠に選ばれなければいけない。たとえば今日の取材をぼくが断っていても、他に候補はいくらでもいる。だからそこでもらったチャンスで、自分だけの発信力をアピールしていくことが大事なんです。僕が選んでる場合じゃないでしょ、ということです。どんな仕事でも、その仕事を目にしてくれる人がたくさんいるので、そこからまた次の仕事につながっていく可能性を逃さないようにしないと。

f:id:tyo-press:20160416162523j:plain

ー野球とまったく違う初めての仕事も多くされていますが、選手時代と大きな違いはありましたか?

根本的にはほとんど違いはないですね。テレビの収録に行くのも僕にとっては、遊びに行くようなものですから(笑)。面白いと思うことをやるだけです。だって野球以外にスキルも経験もないのに、プロの芸能人やビジネスマンに勝てるわけがない。あれこれ考えたりしたって、どうしようもないんです。自分のベストを尽くすだけです。

ー千葉テレビで「捕手里崎智也のビジネス配球術」の司会をされてますが、これもただ「面白い」という思いからはじめたのですか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy