ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRで立体創作できるツール「Tilt Brush」がスゴイ。5月は体験展示があるよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年5月3日にGoogleが公開した下の動画は、ヘッドマウントディスプレイを装着して、VR空間に自由に絵を描くためのツールを説明したもの。その内容に感動を覚えたという人も少なくないでしょう。まるで魔法のようなのです。

え、まだ見たことがない?コレコレ!

立体構造を自由自在に描ける!

よく見ると、火山口から舞い上がる火の粉が。どうやら動画効果まで反映できる模様。

具体的には、左右の手に持ったコントローラーが、それぞれパレットとブラシの役割を担います。

部屋をキャンバスに、
イメージ通りの空間を再現。


本気で創作活動に没頭したい人にとっては魅力的な体験でしょう。自分の足で歩きながら、あらゆる角度から造形物をチェックできます。このデバイスさえあればアトリエが手に入ったも同然。CGとは言え、どこにいても自分が描いた世界に立てるのですから。

使用しているのは、ヘッドマウントディスプレイとコントローラーなどのセット「HTC Vive」と、「Steam」で販売されているペイントソフト「Tilt Brush」。前者は1,069ドル(送料込・約11万5,000円)で購入でき、後者は2,980円でダウンロード可能です。

京都で体験できる!


Tilt Brush」のwebサイトでは、実際に操作しているユーザーの視点で創作する様子を確認できます。これが思わず「おお〜っ」と声が出てしまうほど魅力的。とは言え、まだまだ普及はこれからといった段階の最新技術ですから、イキナリ購入するにはハードルがあるのも事実でしょう。

どうにか触れるチャンスはないものかーー。そうモヤモヤしている人は、2016年5月9日〜21日までの間、京都にあるコワーキングスペース「MTRL KYOTO」で開催されている体験展示に行ってみましょう。同展示は「KYOTO VR」と共同で企画されたもの。開発キット「HTC Vive」と、デバイスをパワフルに稼働できる最高スペックのPCが準備されているとのこと。最先端の創作体験に触れられるとあらば、ちょっと遠方でも気になります。

webサイトによれば、気になるスペースの利用料金は500円から。特別に事前予約したり、追加料金を支払う必要はありません。チェックしてみてね!

画像・動画提供:MTRL KYOTO official website
Licensed material used with permission by Google

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP