体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィリピンの名物グルメを紹介!おすすめフィリピン料理15選

フィリピンの名物グルメを紹介!おすすめフィリピン料理15選
Photo credit: Daisuke Taniwaki「ドンソール&バリカサグ」

Photo credit: Daisuke Taniwaki「ドンソール&バリカサグ」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
海外旅行の楽しみの1つと言えば、その国の文化・環境・歴史から生まれた現地ならではの料理を食べることですよね! フィリピンには肉や魚介を使った料理が豊富にあります。なぜか日本にはフィリピン料理のお店が少なく馴染みが薄いので、今回はあまり知られていないフィリピンの名物料理を15種類紹介します。

フィリピン料理の特徴

太古のフィリピンでは豚や犬の肉、魚や貝などの魚介、オオトカゲなどの爬虫類といった食材を焼いたり、蒸したり、茹でるといった調理方法で料理をしていました。その食文化が受け継がれ、現在のフィリピン料理も魚や肉を使ったものが多いです。
味付けはトマトソースやビネガーをよく使用します。フィリピンはスペインに統治されていた歴史があり、スペイン食文化の影響を受けたためと言われています。
他にフィリピン料理の特徴として酸味、甘味、塩味が効いた味付けが多く、辛い料理はほとんどありません。そのためフィリピンには辛いのが苦手な人が多いようです。

1. レチョン(Lechon)

Philippine Lechon by Roberto Verzo, on Flickr
“Philippine Lechon” (CC) by  Roberto Verzo 

フィリピンのお祭りやイベント事には欠かせない料理のレチョン。内蔵を取り除き香草を詰めた子豚を炭火で1日かけてじっくりと焼き上げます。脂がたっぷりと乗った肉は柔らかくてとってもジューシー! 外側の皮はパリパリで香ばしくお酒のおつまみにぴったりですよ。
豚以外にも鳥を使う場合もあります。鳥の丸焼きはレチョンマノック、豚の丸焼きはレチョンバボイと呼ばれます。

2. シシグ(Sisig)

Sisig (Bayombong, Nueva Vizcaya) by ~MVI~ (warped), on Flickr
“Sisig (Bayombong, Nueva Vizcaya)” (CC) by  ~MVI~ (warped) 

にんにく、醤油、ビネガー、唐辛子使って細かく切った豚肉を鉄板で炒めた日本人に人気の高い料理です。豚肉の上には生たまごと輪切りの青ネギが乗っていて、見た目にも食欲をそそります。濃い味付けがご飯と相性抜群! ご飯が何杯でもいけちゃうおいしさですよ。

3. カレカレ(Kare-kare)

Kare-kare @ Golden Cowrie by dbgg1979, on Flickr
“Kare-kare @ Golden Cowrie” (CC) by  dbgg1979 

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。