ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィリピンの名物グルメを紹介!おすすめフィリピン料理15選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Daisuke Taniwaki「ドンソール&バリカサグ」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
海外旅行の楽しみの1つと言えば、その国の文化・環境・歴史から生まれた現地ならではの料理を食べることですよね! フィリピンには肉や魚介を使った料理が豊富にあります。なぜか日本にはフィリピン料理のお店が少なく馴染みが薄いので、今回はあまり知られていないフィリピンの名物料理を15種類紹介します。

フィリピン料理の特徴

太古のフィリピンでは豚や犬の肉、魚や貝などの魚介、オオトカゲなどの爬虫類といった食材を焼いたり、蒸したり、茹でるといった調理方法で料理をしていました。その食文化が受け継がれ、現在のフィリピン料理も魚や肉を使ったものが多いです。
味付けはトマトソースやビネガーをよく使用します。フィリピンはスペインに統治されていた歴史があり、スペイン食文化の影響を受けたためと言われています。
他にフィリピン料理の特徴として酸味、甘味、塩味が効いた味付けが多く、辛い料理はほとんどありません。そのためフィリピンには辛いのが苦手な人が多いようです。

1. レチョン(Lechon)


“Philippine Lechon” (CC) by  Roberto Verzo 

フィリピンのお祭りやイベント事には欠かせない料理のレチョン。内蔵を取り除き香草を詰めた子豚を炭火で1日かけてじっくりと焼き上げます。脂がたっぷりと乗った肉は柔らかくてとってもジューシー! 外側の皮はパリパリで香ばしくお酒のおつまみにぴったりですよ。
豚以外にも鳥を使う場合もあります。鳥の丸焼きはレチョンマノック、豚の丸焼きはレチョンバボイと呼ばれます。

2. シシグ(Sisig)


“Sisig (Bayombong, Nueva Vizcaya)” (CC) by  ~MVI~ (warped) 

にんにく、醤油、ビネガー、唐辛子使って細かく切った豚肉を鉄板で炒めた日本人に人気の高い料理です。豚肉の上には生たまごと輪切りの青ネギが乗っていて、見た目にも食欲をそそります。濃い味付けがご飯と相性抜群! ご飯が何杯でもいけちゃうおいしさですよ。

3. カレカレ(Kare-kare)


“Kare-kare @ Golden Cowrie” (CC) by  dbgg1979 

牛肉といんげん、ナスなどの野菜をピーナッツソースで煮込んだ料理です。
見た目と名前からカレーの一種かと思いがちですが、食べてみると辛さはなく、マイルドなのでびっくりするかもしれません。小エビを発行させて塩漬けにした「アミ」が添えられていることが多く、こちらもおいしいですよ。ピーナッツソースを使った料理は日本ではなかなかお目にかかれないので、ぜひ食べてみてください。

4. パンシットカントン(Pansit canton)


“Double (Banaue, Ifugao)” (CC) by  ~MVI~ (warped) 

豚肉、にんにく、たまねぎ、キャベツ、人参、ピーマンなどを麺と一緒に炒めた料理で、日本の焼きそばに似ています。名前の「パンシット」は「麺」を意味し、「カントン」は中国の広東省からきています。
焼きそばと違い、ソースではなく醤油とナンプラー、塩、胡椒などで味付けしているためあっさりとした味で暑い日でもさらっと食べられますよ。使われている麺の種類によって呼び方が変わり、「生麺」を使ったものは「パンシットミキ」、「ビーフン」を使ったものは「パンシットビーフン」と呼ばれます。

5. アドボ(Adobo)


“Jen’s Chicken Adobo” (CC) by  Roberto Verzo 

豚肉や鶏肉を醤油、ビネガー、胡椒、にんにくなどで煮込んだフィリピンの定番料理です。じっくりと煮込んで柔らかくなった肉に様々な調味料で味付けをしているので、深みのある味になっています。
アドボの調理法は元々スペインから伝わったビネガーに漬けるものでしたが、あとから伝わった醤油を使う日本食文化の影響が組み合わさり、現在の味になりました。そのため日本人も食べやすい味になっています。

6. シニガン(Sinigang)


“Pork sinigang” (CC) by  ArthurNielsen 

エビ、ほうれん草、じゃがいも、肉など具がたっぷり入ったスープ料理です。タマリンドという果実がスープのベースになっていて、酸味が効いた味になっています。ご飯にスープをかけながらスープカレーのように食べるのが一般的な食べ方です。トムヤムクンなど酸味の効いた料理が好きな方はハマること間違いなし!

7. ルンピア(Lumpia)


“Phillipines: Lumpia” (CC BY-ND 2.0) by  sstrieu 

スティック状の形をしたフィリピンの揚げ春巻きです。屋台で売っていることが多いので、食べ歩きしやすいように日本の春巻きよりも一回り細くてサイズが小さくなっています。
ルンピア自体の味や具材は日本の春巻きとほとんど同じですが、甘いタレやチリソースで食べるので日本の春巻きとは違った味を体験できますよ。

8. バロット(Balut)

Photo credit: Aterux at Vietnamese Wikipedia [GFDL], via Wikimedia Commons

孵化する寸前のアヒルの卵を茹でた料理です。上から塩やライムの果汁をかけてたり、ビネガーとスパイスで味付けをします。滋養強壮に良いとされフィリピンでは日常的に食べられています。
値段は数十円と安く、道端の屋台で販売されているので気軽に食べられますよ。バーで販売されていることも多く、酒のつまみとして食べる人も多いです。
食感は雛の骨やくちばしがエビの殻のようにパリパリとしていて、味はかにみそのように濃厚です。半分くらいアヒルの姿が形成されているため、見た目で敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、フィリピンに来たら一度は挑戦してみましょう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP