ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ドレイクが初の全米No.1ソング獲得、女性グループが9年ぶりトップ5入り

 5月21日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にて、ドレイクがリード・アーティストとして初のNo.1を獲得した。ウィズキッドとカイラをフィーチャーした「ワン・ダンス」が先週2位から1位へ浮上したためだ。同曲は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で自己最高週間セールスを打ち出し初登場No.1を獲得したニューアルバム『ヴューズ(Views)』からの1曲だ。

 また、今週はザ・チェインスモーカーズとDayaがトップ10入りを果たし、カルヴィン・ハリスとリアーナが9位に初登場している。

 ヤング・マネー/キャッシュ・マネー/リパブリック・レコードからリリースされた「ワン・ダンス」は、ドレイクがメイン・アーティストとして初めて“Hot 100”チャートNo.1を獲得した曲となった。フィーチャリング・アーティストとしてはこれまでにリアーナの2曲、「ホワッツ・マイ・ネーム」(2010年)と3週間前に9週にわたり首位を制していた「ワーク」でともに1位を経験している。ドレイクのメイン・アーティストとしてのこれまでの最高位は2位で、2009年のデビュー・ヒット「ベスト・アイ・エヴァー・ハッド」と昨年の「ホットライン・ブリング」の2回だった。ドレイクはインスタグラムで以前、「もし初のNo.1を獲ったら……俺のキャリアでもっともビッグな瞬間になるだろう」と綴っていた。

 ドレイクの「ワン・ダンス」が首位になったことで、2週連続1位だったデザイナーの「パンダ」は2位にランクダウンしたものの、米ビルボードの“Hot Rap Songs”チャートでは5週目の1位をマークしている。

 一方、ルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」は3位をキープ。“Radio Songs”チャートでは2週目の1位となり、引き続き全米のラジオで最も聴かれている曲となっている。

 マイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza」は5位から4位にアップし、“Hot 100”自己最高位をマーク。“Pop Songs”エアプレイ・チャートでは自身初のNo.1となっている。

 現在、米ビルボード誌の表紙を飾っているフィフス・ハーモニーは、タイ・ダラー・サインをフィーチャーした「ワーク・フロム・ホーム」で7位から5位へ浮上。同チャート初のトップ5入りを果たした。“ワーク”といえば、ドレイクをフィーチャーしたリアーナの「ワーク」は6位をキープしている。

 ちなみにフィフス・ハーモニーのトップ5入りは、女性グループとしては2007年のディクシー・チックスによるカントリー・ヒット「ノット・レディ・トゥ・メイク・ナイス」以来となる。

 続く7位は、Dayaをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「Don’t Let Me Down」が14位からの浮上。彼らにとって同チャート2度目のトップ10入りをマークした。Dayaにとっては初のトップ10入りとなった。アンドリュー・タガートとアレックス・ポールによる同エレクトロニックDJデュオは、これまでにRozesをフィーチャーした前作「Roses」で自己最高の6位をマーク。ポップ・シンガーのDayaは3月にデビュー曲「Hide Away」で23位にチャートインしていた。

 ゼインの初登場1位曲「ピロウトーク」は9位から8位に再浮上。続く9位には、リアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「This Is What You Came For」が入ってきた。同曲は“Digital Songs”チャートで3位、“Radio Songs”チャートで42位、“Streaming Songs”チャートで46位発進となっている。

 ソング・チャート“Hot 100”のトップ10を締めくくるのは、ジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」で先週15位からのトップ10返り咲きとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

歌モノも柔軟に熟すドレイクのポップ・カルチャーを意識した充実作『ヴューズ』(Album Review)
ドレイク、恒例の【OVO】フェスおよびフューチャーとのツアーを発表
ドレイクがニューアルバム『Views From the 6』のリリース日を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。