ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トライバルメディアハウス“Modern Age”、支援領域をエンターテイメント全域へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 株式会社トライバルメディアハウスが2016年5月より音楽領域のみならずエンターテイメント全域を支援する専門特化型マーケティングレーベル「Modern Age/モダンエイジ」をスタートした。

 トライバルメディアハウスは、2015年4月より音楽マーケティングに特化した部署「Music Communication Design 事業部」を立ち上げ、音楽業界を中心に専門性の高いサービスを展開。その中で、音楽領域にとどまらない様々なエンターテイメント領域への業務拡大があった背景をうけ、支援領域を音楽、テレビ、映画、マンガ、アニメ、アミューズメント、観光、エンターテイメントを媒介にした一般広告主に拡大する。

 今後トライバルメディアハウスは、さらなる変革や革新を目指し専門領域ならではの武器や特性を加味した上でクライアントファーストをより一層実現させるために専門特化型ユニットを立ち上げていく。

関連記事リンク(外部サイト)

japan(finds) vol.6: RASMUS FABER x 高野修平
Dentsu Lab Tokyo大来優×フォトグラファー森嶋夕貴 インタビュー
保持壮太郎(Dentsu Lab Tokyo)×小林大祐(電通クリエーティブX) インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP