ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9mm菅原 「生命のワルツ」で驚きの裏話!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。5月10日(火)のオンエアでは、先月6枚目のニューアルバム「Waltz on Life Line」をリリースしたロックバンド9mm Parabellum BulletのVo&Gt菅原卓郎さんをゲストに迎え、お届けしました。

まずは、アルバムタイトル「Waltz on Life Line」について。これは2014年12月に先行リリースされた「生命のワルツ」の洋題とのこと。これをアルバムタイトルにした理由は?

「(今回のアルバムの制作は)メンバー4 人でそれぞれ書いてきてたんですけど、バラエティ豊かになりすぎてしまって、“これはとっちらかっちゃうな”と思いながら作ってたんですよ。で、一本筋を通すために『Waltz on Life Line』、“生命線上ギリギリにいるところでこそ、音楽を聴きながら踊るように乗り越えていったらいいんじゃないか”という、大きなメッセージがあれば、広がったバラエティさが1つにまとまるんじゃないかって思って」と菅原さん。

そんなアルバムタイトルにもなった曲、「生命のワルツ」は、菅原さん曰く「世界的に見ても珍しい三拍子のスラッシュメタル」なのですが、そこにはこんな裏話が。

「最初は気づかなかったんです、僕らも。デモを聴きながら“あぁスラッシュだなぁ”って思ってたら…“あれ? これって3拍子だよね”って(笑)」(菅原さん、以下同)

パッと聴いた感じだと4拍子にしか聴こえませんが、たしかに実際にリズムを取って聴くと、ワルツのズンタッタ♪ズンタッタ♪の3拍子! しかも本人たちも、演奏中は気づかなかったそうです。

菅原さんの説明の通り、特に今回のアルバムはバラエティ豊かな楽曲がそろっていますが、4人それぞれが曲を作るときにも個性を意識しているのでしょうか?

「今回はメンバーそれぞれが書くって決めていたから、余計に他のメンバーはやらないところを意識しながら書いてきたというのはありますね」

ところで、今回のアルバムの中でサッシャが特にお気に入りなのが、菅原さんの書いた「誰も知らない」という曲の歌詞。

「これは…実は“何を書いていいのかわかんない!”ってなってたときがあって(笑)。追い詰められて“もういいや! わかんないことを書いてしまえ!”って思って(笑)」

そういう風に考えて作ったら、2週間できなかったものが5分くらいでできてしまったそうです。

9mm Parabellum Bulletの6枚目のフルアルバム「Waltz on Life Line」は絶賛発売中です。まだチェックしていない人も、すでに聴き込んでいる人も、今回の裏話を踏まえて聴くとより楽しめるかもしれませんね!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

栗原類 「ベビーカーの頃からフジロックに参加していた」(2016年04月20日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1423.html

清水翔太 「自分を出し切れていないイヤな感じがふっきれた」(2016年04月07日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1326.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP