体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

~初夏は解放感あふれるアウトドア席へ~ 「オトナの贅沢」を満喫できるビアガーデン・ビアテラス6選<関西編>

5月に入り、初夏の日差しがまぶしい季節。1年の中で最もすがすがしいともいえるこの時期、屋外の風に吹かれながらの“極上の1杯”は、まさにオトナならではの贅沢。夏限定のオシャレなビアテラス・ビアガーデンをしっかりチェックしておこう。都内編に続き、今回は関西編を。

1.「ホテルニューオータニ大阪 プールサイドダイニング・THE TERRACE」
昨年大好評!ほぼ全日程満席の内に終了した人気ビアガーデンが早くも登場。夜のプールサイドは紫外線を気にせずに楽しめ、ライトアップによる美肌効果が期待できるのも女性に大人気の理由とか。開放的なルーフトップのプールサイドでは、色とりどりのLEDライトによるきらめく水面が演出され、大阪城も見渡せる。
料理は1頭から数kgしかとれない希少部位「ザブトン」を使用したBBQなどの肉料理が中心。ドリンクも生ビール、ハイボール、ワインはもちろん、各種トロピカルカクテルのほか、サングリアや、テキーラ、シャンパンなどバラエティ豊かだ。(シャンパンのみ別途有料)。ビュッフェ&フリードリンク<90分制>で1人7000 円(税金・サ料込み)。ひと足早く夏気分が楽しめそう。(http://www.newotani.co.jp/osaka/recommend/2016/theterrace/)

2.「リーガロイヤルホテル・トワイライトビアフェア」
ホテル内ウエストウイング1階「オールデイダイニング リモネ」で楽しめる、フリードリンク&ビュッフェのフェア。テラス席もあり、さわやかな自然の風を感じながらプレミアムなサービスが受けられる。
ドリンクは、ベルギーの「ヒューガルデンホワイト」やドイツの「レーベンブロイ」など外国産生ビール3種類を含む6種類の生ビールなど。料理は、「肉」をテーマに「ローストビーフの食べ放題」を実施。その他パスタや窯焼きピッツァ、10種類以上のドレッシングやディップを組み合わせて食べるサラダ、タパス(小皿料理)など多彩なメニューが並ぶ。2時間制で7800円。お得な前売りチケットもあるので詳しくはWeb(http://www.rihga.co.jp/osaka/restaurant/list/remone/index.html)で確認を。8月31日(水)まで。

3.「大阪新阪急ホテル・阪急トップビアガーデン」
大阪新阪急ホテルでオープンした「阪急トップビアガーデン」では、「都会でのアウトドア」をコンセプトに、ホテルシェフが手掛ける出来たて感溢れる「キャンプ飯」がウリ。目の前で焼く網焼きや、ダッチオーブンを使ったライブメニューが楽しめる。
他にも多彩な期間・曜日限定イベントを開催。例えば5・9月の月曜日は、「ガールズナイト」として女性限定で、料金オフ(通常4,000円→3,500円)、特別デザート(BIGなチョコレートのジョッキパフェ)付き、特別ドリンク(泡を楽しむビアカクテル・ビアペチーノ)付き。さらに「サプライズナイト」として、「クラフトビール・よなよなエール試飲」や、「6種のワイン飲み比べ(カッシェロ・デル・ディアブロ)」などお得に楽しめるサプライズがいっぱい!詳しくはWeb(https://www.hankyu-hotel.com/hotel/osakashh/)でチェックを。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。