体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イーモバイル、ソニエリのXperia mini「Sony Ericsson mini(S51SE)」を発表、10月28日に発売

イーアクセスは10月13日、イーモバイル向け新機種として、Sony EricssonのAndroidスマートフォン「Sony Ericsson mini S51SE」を発表しました。発売日は10月28日。価格はベーシックで39,800円、シンプルにねんで29,840円、シンプルにねん+アシスト1200で100円。Sony Ericsson miniは、Sony Ericssonが海外でも発売中のXperia mini ST15iをベースとしたイーモバイル向けモデル。3.0インチHVGA解像度のディスプレイを搭載し、高さ88mm×幅52mm、重さ99gのコンパクトなボディが特徴の端末。画像や映像など表示をくっきり色鮮やかにする「モバイルBRAVIAエンジン」や、背面スピーカーから出力される音のレベルを底上げする「xLOUD」、パノラマ写真や3D写真を撮影できる「3Dスイングパノラマ」といったSonyの技術が搭載されています。背面の500万画素CMOSカメラでは、動画を最大720pHDサイズで撮影できます。Sony Ericsson miniはWi-Fiテザリング機能に対応しており、最大5台までのWi-Fi機器のモバイルルータとして利用可能、プリインストールされている「Pocket WiFi ウィジェット」でON/OFFを簡単に切り替えることができます。カラーはブラックとホワイトの2色。それぞれダークブルーとダークピンクのスペアカバーが付属します。 OS:Android 2.3(Gingerbread) サイズ:88.0mm×52.0mm× 16.0mm、99g ディスプレイサイズ:3インチ、HVGA(480×320ピクセル)、TFT液晶ディスプレイ、モバイルBRAVIAエンジン、1,677万色、キズ防止加工、静電容量式、マルチタッチ チップセット:Qualcomm MSM8255 1GHz メモリ:512MB RAM、1GB ROM(ユーザ利用息320MB) 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB) メインカメラ:500万画素、カメラフラッシュ搭載、720p HD動画撮影対応 サブカメラ:非搭載 対応周波数GSM/GPRS/EDGE (850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA(1700/2100MHz) 3Gデータ通信速度:HSPA(下り最大7.2Mbps、上り最大5.76Mbps) ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR 外部端子類:マイクロUSB、3.5mmオーディオジャック センサー類:加速度、近接、ライト、コンパス、GPS(A-GPS対応) バッテリー:1,200mAh、スタンバイ320時間、連続通話270分 Flash Player 10.1対応、DLNA対応 テザリング:対応(Wi-Fi、最大5台、IEEE802.11b/gのみ) カラー:ブラック、ホワイトSource : イーアクセス   


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung GT-N7000(Galaxy Note)がBluetooth SIGの認証を通過
レノボジャパン、Android 2.3搭載7インチタブレット「IdeaPad A1」を10月28日より国内発売
Sony Ericsson W23iの写真がリーク、デュアルコアCPU搭載?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。