ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

末期癌の医師・僧侶 仏陀が説く「苦」の意味を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、「苦」にまつわる言葉についてお届けする。今回の言葉は仏陀による「生まれることも苦、老いることも苦」だ。

 * * *
「死ぬという苦」を解決されて仏陀(完全に目覚めた者)となったお釈迦様は「不死の鼓を打つ」と宣言され、仙人堕処(修行者が落ち合うところ)に行って最初の説法をされました。ここで説かれたのは正に「いのちの苦を吹き消す」方法でした。課題は「苦」、解答は「涅槃」です。涅槃は「吹き消す」という意味の言葉です。

 お釈迦様は苦・集・滅・道の四つの諦(真実)を説かれました。この四つは当時の医学(アーユルヴェーダ)の分け方で、苦諦が病気、集諦が病因、滅諦(涅槃)が治癒、道諦が治療です。

 その最初の「苦諦」は、四苦八苦と説明されることが多いのですが、それは後の時代に変えられたもので、実はお釈迦様は七つの苦を挙げ、それら一切の苦をまとめて自己執着が苦であると言ったのです。

「比丘(修行僧)達よ、これは実に苦しみという聖なる真実です。生まれることも苦、老いることも苦、病気になることも苦、死ぬことも苦、憎む人と会う苦、愛する人と別れる苦、求めるものが得られないことも苦」と、七つの苦が挙げられています。

 お釈迦様は最初に「生」を挙げました。「生」という漢字は「生きる」とも読めるので「生きる苦しみ」と間違われることもあります。しかし、ここで「生」と漢訳された元の言葉(ジャーティ)は「生まれる」という意味です。そして「思い通りにならない」という意味の言葉(ドゥッカ)が「苦」と漢訳されました。ですから「生まれる苦」というのは「思い通りには生まれることができない」という意味なのです。

 人間は本人の思い通りには生まれることができませんが、生命倫理の世界では自己決定権の尊重が望まれます。これに関連して、生まれるか否かに関しても自己決定権を認める物語があります。芥川龍之介さんの『河童』という小説です。

『河童』は昭和2年に書かれました。物語は認知症の主人公によって語られています。

〈けれどもお産をするとなると、父親は電話でもかけるように母親の生殖器に口をつけ、お前はこの世界へ生まれて来るかどうか、よく考えた上で返事をしろ、と大きな声で尋ねる……すると細君の腹の中の子は多少気兼ねでもしていると見え、こう小声に返事をした。僕は生まれたくはありません。第一僕のお父さんの遺伝は……〉

 正に遺伝子に支配されて、人は生まれ、成長し、子供をつくり、年老いて、死んでいきます。この遺伝子による支配こそが輪廻(生まれては死ぬことの繰り返し)という苦の実体だったのです。今やパーソナルゲノム医療の時代となり遺伝情報による利益は大きいのですが、究極の個人情報である遺伝情報は差別の原因にもなり得るのです。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵会医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医・僧侶として患者と向き合う。新刊に『いのちの苦しみは消える 医師で僧侶で末期がんの私』(小学館)。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
1月1日~4月1日に生まれた人を「早生まれ」と呼ぶ定義と由来
30年前に日本で誕生 ウォシュレットの開発までを描いた書
医師・僧侶で末期癌の男性 「少し延びた命」の使い方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。