ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の野球賭博問題 甲子園阪神ファンの格好のヤジのネタに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人の元エース・上原浩治(現・ボストン・レッドソックス)がかつて「世界一のアウェー」と評したように、甲子園球場に集まる阪神ファンたちの手厳しいヤジは、相手チームの選手を恐れさせてきた。今季初めて本拠地で(野球賭博問題に揺れる)巨人を迎え撃った4月26日、球場ではどんなヤジが飛び交っていたのか?

 3回裏、無死満塁でマウンドに巨人内野陣が集まると「おいおい! 何の相談や。賭け金は試合前に決めとかんとアカンやろ。そこに甲子園警察署があるんやで」と大盛り上がり。試合前の円陣で「声出し」をした選手が、試合に勝つと他の選手から金銭を受け取り、負けると罰金を払う“ゲン担ぎ”が問題化したことを受け、ジャイアンツの選手が集まるたびに冷やかしの声が飛ぶのである。

 6回表に巨人のベンチ前で内田順三・打撃コーチを中心に円陣が組まれると、「今日の声出しは内田さんか? 気の毒やけど今日は持ち出しやろな~」と些細な動きも見逃さない。

 もっとも、声出しでの金銭のやり取りは阪神も同じ穴のムジナ。一部の“良識派”の虎ファンは、「ウチもやってたんやから偉そうなこと言えへんけどな」と、“仲間”にツッコミを入れることも忘れなかった。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
阪神ファン「ヤジを飛ばせるのは試合を熱心に見てる証拠」
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。