ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お悩み別に組み合わせると相乗効果が期待できるサプリメントの摂り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

体質改善や症状の改善を目的に、サプリメントを摂る習慣を持つ人が増えています。必要な成分や栄養素だけを摂るよりも、吸収や生成をサポートしてくれる栄養素を組み合わせるとより効果が期待できます。そこでお悩み別に、サプリメントの効果的な組み合わせを紹介しましょう。

貧血には鉄! だけど……それだけではもったいない

女性に多い貧血の悩み。最近は男性にも貧血が増えているそうです。貧血と言えば鉄分ですが、鉄分は体内では作られず吸収しにくい栄養素。植物から摂れる「非ヘム鉄」よりも動物性の「ヘム鉄」のほうが吸収が良いため、ヘム鉄のサプリメントを選ぶことをオススメします。1日に必要な鉄分10mgの他に、鉄の吸収をサポートするビタミンC、赤血球の形成を助ける葉酸やビタミンB12を一緒に摂ることで、鉄分を吸収しやすく貧血の改善や予防を期待できます。単体で摂るよりもビタミンCやB12とあわせる、と覚えておきましょう。

肌荒れ、口内炎を治したいなら……

肌荒れや口内炎で憂鬱。普段サプリメントを飲まない人でも思わず手にしたくなる症状です。こんな時におススメなのがビタミンB群サプリメント。皮膚や粘膜の細胞再生に必要なビタミンB2、皮膚粘膜の成長を促進してくれるビタミンB6、口内炎や舌炎に効果があるビタミンB12、皮膚粘膜の炎症を緩和してくれるビオチン、皮膚粘膜を丈夫にするナイアシン、細胞の発育を助ける葉酸、皮膚疾患に効くとされるヨクイニンがバランスよく配合されているものが良いでしょう。ビタミンB群サプリ+肌荒れならヨクイニン、口内炎ならナイアシンでもOKです。

スマホやPCによる目の疲れが取れない人……

目の健康に良いとされるサプリメントには、眼精疲労を回復し視力の改善を促してくれるアントシアニンが豊富なビルベリーやブルーベリーなどがあります。瞳の中の活性酵素を除去し、網膜を保護してくれるルテインも一緒に摂ることで、疲れ目やかすみ目の改善に期待ができます。さらに近眼や老眼、目の病気に効能があるといわれるメグスリノキ、ピント調節に働くカシス、夜間に見えにくくなる鳥目に良いとされるβカロテン、ルテインの吸収を高めるDHA、ドライアイの改善に効果があるEPAなど、気になる症状に合ったものをチョイスすると相乗効果が期待できます。

サプリメントも種類がたくさんあって悩んでしまいますが、欲しい栄養素+サポートしてくれる栄養素を選ぶことで作用が高まります。効率よく摂取してくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP