ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSにおける「炎上アート」を標榜するなど“悪ノリ”アート集団が「宗教国家」をテーマに美術展を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSにおける「炎上アート」を標榜するなど“悪ノリ”アート集団が「宗教国家」をテーマに美術展を開催

 “悪ノリ”とも評される悪ふざけやパロディ、そして軽薄なシミュラークルを撒き散らかすアート集団・じゃぽにかの個展【じゃぽにか国真理教~TAVサティアン 僕たちを追い出さないで~】が、5月14日から5月29日まで、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYで開催される。

“悪ノリ”メンバー写真など

 じゃぽにかは、2002年、美術予備校で知り合ったアルシン、ダイスケ、サー君、ゴロー、杉様、ともちゃん(有賀慎吾、鈴木大輔、坂上卓男、村山悟郎、杉田陽平、永畑智大)らによって結成され、SNSにおける「炎上」や美術業界の「友達」に着目したプロジェクトや作品、論考の発表などを行ってきた。

 これまでの主な展示には、「炎上アート」を標榜し、【第17回 岡本太郎現代芸術賞】(2014年、川崎市岡本太郎美術館)特別賞を授賞した『悪ノリSNS『芸術は炎上だ!』』のほか、主な個展として【じゃぽにかぱみゅぱみゅのじゃぽにかぱみゅぱみゅーじあむ】(2013年、art center ongoing)、【じゃぽにかの誰でもデュシャン☆】(2014年、ギャラリーバルコ)、【じゃぽにか最後の個展「普通のトモダチに戻りたい」】(2015年、art center ongoing)などがある。

 今回の【じゃぽにか国真理教~TAVサティアン 僕たちを追い出さないで~】では、架空の宗教団体をテーマにした新作を発表。開催にあたって、じゃぽにかは本展のテーマを次のように語っている。「シミュの聖戦が今にも起きる状態がつづいている。それを止めることができるのは、おまえ達だけだ。おまえ達は何をやればいいか。それは剽窃の愛だ。(中略)オリジナルと称して、ものすごい数のパクリを合成しているし、ものすごい数のコピペを重ねているだけだ。オリジナルは死ぬ、絶対死ぬ、必ず死ぬ。」(本展ステートメントより)
 
 じゃぽにかの活動は、集団としても表現としても故意的に軽薄なイメージを装っているが、注目を集めた「炎上アート」というテーマについては、『じゃぽにか論考?? ポストメディア時代の広告化するアート』(http://vobo.jp/japonica02.html)において、軽薄さを装いながらも「ネタ」ばらしとも言える「ガチ」な論述を展開させるなど、「ガチ」と「ネタ」の境界の再定義に迫っている。
 
 本展の「宗教」というテーマは、「炎上アート」に端を発した「ネットを介した現実」の深化を予期させる試みであり、「現代の社会とメディア状況におけるアートの在り様」として生み出される、まったく新しい表現になることだろう。

◎展示【じゃぽにか国真理教~TAVサティアン 僕たちを追い出さないで~】
会期 : 2016年5月14日(土)~5月29日(日)
会場 : TAV GALLERY
時間 : 11:00~20:00
休廊 : 木曜日
Opening Party : 2016年5月14日(土)17:00~20:00

関連記事リンク(外部サイト)

NATURE DANGER GANGのシマダボーイが贈るヤンキーラテン音楽講座開講
卯城竜太 (Chim↑Pom) や黒瀬陽平 (カオス*ラウンジ) が認める現代アートの逸材 中島晴矢の個展【ペネローペの境界】開催
バンドじゃないもん!×神聖かまってちゃん2マンライブ ティザー映像公開 OPDJにぱいぱいでか美参加決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。