ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Sony Mobileの新フラッグシップ「Xperia X Performance SOV33」を発表、6月中旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 5 月 10 日、au 2016 年夏モデルとして、Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia X Performance SOV33」を発表しました。SOV33 は 6 月中旬に発売される予定で、明日 5 月 11 日より、au SHINJUKU、au NAGOYA(、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATA で先行展示されます。SOC33 は Sony Mobile のスマートフォン新シリーズ「Xperia X」の最上位モデル「Xperia X Performance」の国内モデル。この機種は、デザイン、カメラ、バッテリーを重視した設計で、特にスタイリッシュなデザインとカラーリングが特徴となっています。SOV33 は国内向けにカスタマイズされた Xperia X Performance です。主要スペックはグローバルモデルとほぼ共通なのですが、バッテリー容量は 2,570mAh に減った(グローバルモデルは 2,700mAh)一方、防水・防塵をサポート、WiMAX 2+ のキャリアアグリゲーション、ワンセグ / フルセグ、おサイフケータイもサポートしました。LTE のキャリアアグリゲーション(下り最大 370Mbps)や VoLTE にも対応しています。SOV33 の主要スペックは、5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 820 3GB RAM、32GB ROM、Micro SD、背面に 2,300 万画素、前面に 1,300 万画素カメラを搭載。カラバリはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドです。SOV33 の大きな特徴はカメラです。リアカメラには 1/2.3 型の Exmor RS を採用しており、新たに Hybrid AF を進化させた「Predictive Hybrid AF」機能を追加。フロントカメラには 1/3 型の Exmor RS(F2.0 レンズ)を採用しており、自撮り画質を改善しています。また、バッテリーの持続性については、STAMINA モードの技術に加えて、Qnovo 社のアダプティブチャージングテクノロジを導入し、バッテリーの残量に応じて電圧を細かく調整しながら充電することで、バッテリーパックの寿命を延長しています。このほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA、GPS / GLONASS、ハイレゾ音源の再生、デジタルノイズキャンセリング、ClearAudio+、DSEE HX、LDAC、指紋認証などにも対応しています。Source : KDDI

■関連記事
KDDI、Samsungの最新フラッグシップ「Galaxy S7 edge SCV33」を発表、5月19日に発売
Lenovo、インドでCyanogenOSスマートフォン「Lenovo ZUK Z1」を正式発表
Sony、スマートフォンからコントロールできるLED電球スピーカーの新モデル「LSPX-103E26」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP