体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鬱を描いた作品なのに観るととてつもなく癒される映画『ツレがうつになりまして。』

111013tureutu.jpg

「鬱」という病気に明るいイメージはありませんよね。でもこの映画『ツレがうつになりまして。』は、鬱という病気を朗らかに優しく描き、観るととても癒される不思議な作品なのです。
 

~ストーリー~
サラリーマンの「ツレ」とマンガ家の「ハルさん」は、結婚5年目の夫婦。ある日ツレが「死にたい……」と呟きびっくりするハルさん。病院に行かせると結果は「鬱病」。病気の1番の原因である仕事を辞めたツレは、家で「人生の夏休み」をとることに。気分や気持ちに波が出たり、身体の健康状態まで狂わせてしまう「やっかいな病気」に、夫婦はどう立ち向かっていくのか……。

旦那がある日、鬱病になった。こんな状況になったらあなたならどうしますか?
物語の主人公である妻・ハルさんの選択は「頑張らない」こと。下手にジタバタと治療にのめり込むのではなく、「病めるときも健やかなるときも……」というお馴染みの結婚式の誓いの言葉どおり、ただ夫のそばに居て、夫を励まし、一緒に成長していく。家事が苦手、仕事も安定しないマンガ家という不器用なハルさんだけど、夫が鬱病になったことで妻として一皮むけていくんですね。

自分のマンガの連載が打ち切りになっても「しょうがないですね」。という一言で諦めてしまっていたハルさんが、編集部に乗り込んで「ツレがうつになりまして、仕事をください!」と懇願するシーンなどにも、ハルさんの成長っぷりが伺えます。
そして、不器用ながらにも夫を励まし、鬱病と向き合っていく夫婦のやりとりを観ていると「こんな夫婦になりたいな」と思えてくるのです。
お互いがお互いを頼りにして、周囲に惑わされずにマイペースで進んでいくのって、素敵だな……と。鬱病になるのはもちろん嫌だけど、こんな夫婦のようにはなりたいな、と思えるのが不思議ですね。

しかも演じるのは堺雅人さんと宮崎あおいさん。『篤姫』以来の夫婦役共演で息もばっちりと、話題になっているようです。
鬱病を描いた作品なのに、映画館からは笑いがこぼれたり、観終わった後にすがすがしい気持ちになる不思議な力を持つこの映画。仕事や恋愛、人間関係など、何かに疲れて一休みしたいときにオススメの作品です。
『ツレがうつになりまして。』は、 現在全国ロードショー中♪
ツレがうつになりまして。
(ちびま・L子ちゃん)


(マイスピ)記事関連リンク
愛が冷める瞬間をリアルに描いた映画『ブルーバレンタイン』で男女の別れを学ぶ
遺伝子の『SWITCH』を入れると人間の可能性は無限に広がる
今だから見てほしい、心の傷を癒す感動作! 15年後の被災地を描いた映画『その街のこども』

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。