ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立川談春 大騒動となった弟子のドタキャン事件の顛末

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 修業とは矛盾に耐えることだ──落語家・立川談春(49)は、著書『赤めだか』で師匠・立川談志から入門前にそう教えられたことを綴っている。それから32年、いま彼の弟子もまた、この師匠の弟子であることに耐えていた。

 昨年、ドラマ『下町ロケット』(TBS系)で殿村部長を好演して以来、落語界だけでなく、お茶の間にもその人気が広がった立川談春。また、昨年末には『赤めだか』がドラマ化され、師匠である故・立川談志との想像を超える師弟関係にも注目が集まった。

 そんな談春だから、自らの弟子に対してもとにかく厳しい。ある落語関係者が声を潜める。

「談春さんは、一番弟子の女流噺家・立川こはる(33)の公演を巡って、興行主である席亭と揉めに揉めたそうです」

 事の発端は2月20日に遡る。この日、こはるは名古屋・大須演芸場で春風亭小朝の弟子の春風亭ぴっかり☆(34)と『こはる&ぴっかり☆二人会』を開催する予定だった。この公演の席亭は『寄席演芸工房 せいしょう亭』。「若手女流2トップ」と称される2人だけに、チケットはほぼ完売していた。せいしょう亭関係者が語る。

「前日になって急遽、こはるから『インフルエンザになった』と休演の申し入れがあったんです」

 席亭のせいしょう亭は東京から代役を呼び寄せたり、こはるファンには返金に応じるなど、対応に追われた。

 だが、公演当日の夜、思わぬ事実が明らかになる。同日に埼玉・戸田で行なわれた談春の独演会の前座として、インフルエンザだったはずのこはるが高座に上がっていたのだ。

「これを知ったせいしょう亭は、こはるに事情説明を求めました。彼女は『インフルエンザと思われる症状が出たので欠席の連絡をした。しかし翌日、再検査をしたら陰性だった。そこに師匠に独演会に呼ばれたので同行した』と釈明をした。

 もちろん、こんな説明では納得がいかないせいしょう亭は『もう二度とこはるは大須には出さない』と激怒していました」(同前)

 ファンからも不満の声が上がった。せいしょう亭のホームページには〈(こはるに)スジを通してもらうべき〉といった書き込みが殺到。さらに、その怒りの矛先は師匠の談春にも向けられた。〈談春さんが配慮に欠けてたと、私は思ってしまいました〉といった批判コメントまで出る始末。

 大騒動となったドタキャン事件。いったい何があったのか。そもそもこの種の「二人会」を師匠の許しなしで行なうことは落語の世界ではあり得ない。ましてや立川流では絶対にない。

 どう考えても、こはるが何らかの理由で師匠・談春をしくじって、「二人会」をドタキャンさせられたのは間違いない。談春も理由はどうあれ、ドタキャンした弟子を同日の別公演に連れていくこと自体誤解されても仕方ない。その上、高座に上げてしまったのはさらにまずかった。

◆弟子のしくじりが師匠を育てる

 談春に真相を確かめるため直撃すると、「おい! オレがどう考えてるって何についてだよ!」と激昂し始めた。記者が、こはるが『二人会』を休演して談春の独演会に出ていたことに関して師匠としてどう考えているか、と説明しても、

「おい、インフルエンザが仮病だっていいたいのか?」と怒りは収まらない。その後10分ほど押し問答を続けると、談春も冷静さを取り戻し、こう語った。

「オレにもわからないところもある。師匠としては、それなりのことはしたつもりだ」

 談春が言う「それなりのこと」とは、4月16日に行なわれた『こはる&ぴっかり☆二人会』の“お詫び公演”のことである。

「話し合いの結果、『二人会』に談春さんも出演して、お詫びに一席打つことになったんです」(前出・せいしょう亭関係者)

 公演当日、こはるに続いて登場した談春は「こはるの謝り方はなっちゃいない」「弟子のしくじりが師匠を育てる」とひとくさり。その後、間抜けな与太郎がしくじりを繰り返す「かぼちゃや」という噺を披露し、高座を降りる際には、舞台袖のこはるに羽織を投げつける暴れっぷりで、会場は大爆笑に包まれたというから、さすがというべきか。

 せいしょう亭にも顛末について聞いたが、「その件はカタがついたこと。ノーコメントです」と言う。

 真相はどうもわからないのだが、談春が弟子に厳しいのは談志譲り、あるいはそれ以上か。そういえば春風亭一之輔のCDで枕に、こはるの過剰なほどの礼儀正しさについて「やっぱり立川流は私らの一門とは違いますねェ」と驚き呆れるエピソードが録音されている。前出の落語関係者は言う。

「談春一門は弟子が逃げ出すほど厳しいことで有名です。談志がそうだったように、芸以前に、生活態度や師匠との接し方などで、何の気なしに言ったひと言、よかれと思ってしたことで激怒されることもある。常識からすると理不尽なことに、いまどきのゆとり世代は耐えられないでしょう。

 3年ほど前は7人いた弟子は、いまではこはるひとりです。そのこはるにしても、他の一門に比べはるかに長い前座修業をつとめようやく二ツ目になった。よく耐えて偉いですよ」

 談春の師匠・談志も弟子に対して苛烈だった。2002年には「意欲が感じられない」と前座6人を全員破門にした。また談春自身も「魚河岸で働いて、礼儀作法からみっちり身につけてこい!」という談志の突然の思いつきで、築地市場で1年間働かされた過去を持つ。

 談春がこはるにした仕打ちこそ立川流の「本寸法」なのかもしれない。

 落語の世界には「師匠選びも芸のうち」という言葉がある。こはるは談春を芸の糧とできるか──。

※週刊ポスト2016年5月20日号
立川談春の弟子がドタキャン大騒動
【関連記事】
談志の弟子で人気ダントツの志の輔 序列的には9番目の弟子
談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本
立川談志の弟子が手紙を書くような形で師匠の思い出を綴る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。