ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米CBSの新テレビシリーズ『スター・トレック』、トロントで今秋に撮影開始へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米CBSテレビジョン・スタジオ(以下CTS)は、4月27日(現地時間)、10年以上前のテレビシリーズ『スター・トレック』の新シリーズをトロントで撮影する予定であることを明かした。同シリーズは、今秋に撮影を開始する予定だ。

5月2日(現地時間)、CTSはツイッターに、「たった今入った情報です!新しいテレビシリーズ『スター・トレック』が、トロントで今年の秋に撮影開始します」と、投稿した。



2015年末、米CBSは、定額制のストリーミングサービス「CBSオールアクセス」に向けて、『スター・トレック』の新テレビシリーズを開発すると発表した。同シリーズは、2017年初頭に公開となる。第1話は米テレビ局CBSで公開され、続きは「CBSオールアクセス」のみで視聴できることになる。

CTSは、トロントのどのスタジオを制作で使用するのかについて、まだ発表していない。CTSの広報担当は、ツイッターでの発表を認める以外はコメントを避けた。

テレビシリーズ『ハンニバル』の創作者のブライアン・フラーが、新シリーズ『スター・トレック』のショーランナー(番組責任者)を務める。フラーは、アレックス・カーツマンとヘザー・カディンと共にエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。フラーは、テレビシリーズ『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』、テレビシリーズ『スター・トレック/ヴォイジャー』の脚本家として業界でのキャリアをスタートした。

米CBSが、元々の親会社であるバイアコムと2006年に分裂した際の契約条件のもとで『スター・トレック』シリーズのテレビ権利を保有する。バイアコムの傘下にある米パラマウント・ピクチャーズが、『スター・トレック』シリーズの映画権利を引き続き保有している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP