ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役を退いた「旅客機のパーツ」でつくる、エコでジャンボな家具

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。
これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の生みの親エーロ・アールニオの言葉。あの真っ白い半球体に真っ赤な布地の斬新な椅子は、60年以上経っても古臭さを感じさせないデザイン。

よもやそのエーロですら、こんなデザインの更新が行われると思ってはいないはず。スタイルこそボールチェア、でもそのサイズはジャンボ級。

H200cm✕W200cm✕D200cm
もちろんジャンボサイズです!

イギリスに拠点を置くデザイン・ファーニチャー・カンパニー「Fallen Furniture」が製作したこのチェア。艶やかな光沢感のあるマテリアルは、ボーイング737のエンジンカウル。そう、両翼の下に付いているアレを再利用したものだ。旅客機としての役目を終えた航空機がスクラップになる前に、家具として再利用してしまおうーー。そんな、なんとも大胆なリメイク術である。

旅客機用に造られたアルミ素材を研磨し、内と外に高級革を使用。二人で腰掛けても十分にゆったりとくつろげそうだ。

サイズは高さ・幅・奥行きそれぞれ200cm。公式サイト内に重さの記載が無いため量りかねるが、間違いなく相当なものだろう。言ってしまえば、ただ場所を取るだけのゴツいヤツ。だけど、実際にこれが人を乗せて空を飛んでいた旅客機の部品だと思うと、夢のある話に聞こえてくる。

ところで、旅客機の廃材を再生したFallen Furnitureのリプロダクションはこれだけではない。以下にも、旅情をくすぐるジャンボな家具が目白押し。そもそも、「これを置けるスペースが…」なんて野暮なことは考えずに、そのデザインを楽しもう。

カウルを使って
バーカウンターも!


さらに、エンジンカウルにはこんな利用法も。完全オーダーメイドでつくり上げるバーカウンターだそう。カウルの背面をカクテルグラスの収納棚にしたり……。想像しているだけでも楽しくなる。

エアバスA320の非常扉


ウォールナットの足とガラスの天板を施した「エスケープ・ハッチ・テーブル」。胴体部の微妙な曲線をそのまま再現している。裏面もリアルな非常扉のまま。

タイヤ・ホイールは
ローテーブルに


自動車のホイールを横置きして、ガラスの天板を乗せたローテーブルは見かけたことがあるけれど、こちらはそれよりひと回り以上大きなボーイング777の車輪を採用した。

ボーイング747胴体窓枠が
お洒落なウォールアートに


ボーイング747の胴体部分から窓枠を切り出し、時計をはめ込んだ掛け時計タイプ。スケールが小さそうに見えるが、高さはしっかり100cm。

こちらは窓枠が4つ連なったタイプ。フォトフレームとしても、ウォールアートとしても、とにかく目を引くこと間違い無し。ちなみに窓枠1枚から最大30枚までオーダー可能だそう。

確かに、エコロジーな考え方。けれど、その感覚すら超越してしまうスケール感がたまらない!こう少しでも思った人は、Fallen FurnitureのサイトへTAKE OFF!残念ながらすべての商品が「ENQUIRE」、つまりは価格応相談とある。が、これだけのサイズのモノを設置できるというならば、価格だけでも尋ねてみては?

Licensed material used with permission by Fallen Furniture

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP