体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の未来を創るベンチャー「Disruptor=創造的破壊者」が目指す世界──『ベンチャーDive!2016 Spring』レポート【1】

リアルなサンカクイベント「ベンチャーDive!2016 Spring」が3月26日、東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストで開催された。3回目となる今回は初めての土曜開催。晴天にも恵まれ、ベンチャーやスタートアップに関心のある人たちが多数来場した。

f:id:pinq4387:20160407105352j:plain

Fintech・シェアリングエコノミー・HR・教育のベンチャーが集結

仕事を辞めずに、成長企業の経営に触れることができるディスカッション参加サービス「サンカク」。とはいえいきなりサンカクに応募するのは敷居が高いという人も多いはず。そんな方のために、サンカクではリアルにベンチャーやスタートアップに触れられるイベント「ベンチャーDive!」を開催している。

出展企業は32社。これは過去最大の出展社数である。いずれも「Fintech」「シェアリングエコノミー」「HR・教育」という成長マーケットで活躍する注目のベンチャーばかり。しかもうれしいことに、すべての企業のCxO(業務執行の責任を担う役職の総称)、経営メンバーが参加しており、各ブースでは参加者と積極的な交流が行われた。

f:id:pinq4387:20160407112405j:plain

ベンチャーDive!の魅力は、成長企業に直接、触れられるだけではない。さまざまな切り口でのトークセッションが用意されていることだ。今回のベンチャーDive!ではベンチャー・スタートアップの第一線で活躍する方々によるトークセッションが4回行われた。

日本の未来を創るベンチャー4社の代表によるトーク

最初のトークセッションのタイトルは「日本の未来を創るベンチャー『Disruptor=創造的破壊者』が目指す世界」。登壇したのはビザスク 代表取締役の端羽英子氏、Repro 代表取締役の平田祐介氏。そしてワークスアプリケーションズの倉科賢氏がモデレータを務めた。

f:id:pinq4387:20160407113955j:plain

ビザスクはスポットコンサルティングサービスを提供。Reproはユーザーのアプリ利用動画を使ってコンバージョン率や定着率を改善するモバイルアナリティクスツールを提供している会社である。

また倉科氏が所属するワークスアプリケーションズは、世界初の人工知能型ERP「HUE」の開発・販売を行っているソフトウェアメーカーだ。簡単な自己紹介があり、各テーマに沿ってディスカッションが繰り広げられた。

最初のテーマは「事業を通じてどのような世界を実現したいか。(Disrupt:ディスラプトするのか)」。

f:id:pinq4387:20160407131819j:plain

倉科氏は「我々は、皆さんの“働き方”を変えることができる、唯一の会社。繰り返しの仕事はITに任せ、人は創造的な仕事ができるような仕組みを作っている。今の仕事のあり方やつまらないものは、徹底的にディスラプトする。個人的には仕事がゲームよりも面白くなっていくような、そんな価値観に変えていきたいと思っている」と語る。

f:id:pinq4387:20160407124806j:plain株式会社ワークスアプリケーションズ リクルーティングDiv. ワークスグループ新卒採用企画責任者 倉科賢氏
1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。