ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ユニバーサル・ピクチャーズ、往年のモンスター映画のリバイバル第3弾を2019年に公開へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ユニバーサル・ピクチャーズは、以前、モンスター・ムービー・ユニバースの立ち上げを約束したことに続いて、3作目となるモンスター映画を2019年2月15日に公開することを決定した。

米ユニバーサルは、11月に、モンスター映画シリーズとして、リバイバル版映画『ハムナプトラ』にアレックス・カーツマン(映画『トランスフォーマー』)とクリス・モーガン(映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』)を起用した。同作は、4月にイギリスで撮影が始まっており、トム・クルーズが主演する。また、映画『ドラキュラ』、映画『ヴァン・ヘルシング』、映画『フランケンシュタインの花嫁』、映画『ウルフマン』、映画『透明人間』といった作品もリバイバル化される。往年のモンスター映画を現代の観客に再びイメージ付けようとする試みで、毎年1作品を公開する。

リバイバル版『ハムナプトラ』は、6月9日に米劇場公開となる。カーツマンが監督を務め、モーガンとショーン・ダニエルと共にプロデュースも手掛ける。同作には、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、マーワン・ケンザリ、コートニー・B・ヴァンスも出演する。

今年の初め、米ユニバーサルは、タイトル未定のモンスター映画第2弾の米劇場公開日に2018年4月13日を選んだが、詳細はまだ明らかになっていない。モンスター映画第3弾は、2019年2月15日に米劇場公開となる。

ジョニー・デップは、2月に、米ユニバーサルの往年のモンスター映画リバイバルの一環として、映画『透明人間』のリブート版に出演が決まっているが、監督はまだ決定していない。H・G・ウェルズの名作小説をもとにした1933年のオリジナル映画は、クロード・レインズが透明人間になる方法を開発した科学者を演じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP