ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神ファン「ヤジを飛ばせるのは試合を熱心に見てる証拠」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園球場での阪神ファンは、相手チームにとっては恐ろしい存在だ。熱狂的な虎ファンが飛ばすヤジは、敵チームにとって大いなる脅威。しかしヤジにも“不文律”は存在する。阪神ファン歴30年、この日もスタンドで観戦していた大阪府在住の会社員・桧川和昭さんはこういう。

「『アホ』『ボケ』みたいな言葉より、周りが“その通りや!”と同調したり、クスッと笑ったり、選手が打席でドキッとするようなヤジが理想なんです。だから、ヤジを飛ばす側も勉強してないとアカン。ヤジを飛ばせるのは、試合を熱心に見てる証拠でもあるんです」

 確かに球場では、当意即妙の掛け声が飛び交う。4月26日の阪神対巨人戦、この日まで打率3割7分5厘を記録していたピッチャー・藤浪晋太郎に打席が回ると、「その打率、(巨人の4番の)ギャレットくん(同2割1分3厘)にちょっと分けたれや~」と声がかかる。

 その藤浪が二塁打で出塁し、続く1番・高山俊の打球を一塁手のギャレットがエラーする間に藤浪が先制のホームを踏むと、「晋ちゃん(=藤浪)、凄いぞ~。3億円の巨人の慎ちゃん(=阿部慎之助。二軍で調整中)とはエラい違いや!」と、年俸まで把握していることがわかる。

 そして午後7時から毎日放送の野球中継が始まると、「テレビのマイクに(わてらの声を)拾ってもらわな」とさらに張り切る。

 なかなかベンチから姿を見せない高橋監督に、「ヨシノブ! そんなに怖がらんとたまには顔を見せてや。寂しいがな!」と声をかけ、しまいには「なんやヨシノブ、今日は来てないんか~」と言い出す始末。

 チャンスで登場した7番村田修一にレフトスタンドの巨人応援団から“♪引っ張れ~、引っ張れ~、村田引っ張れ~”と応援歌(ザ・ヒットパレードのテーマ)が流れると、それに合わせて虎ファンは「くたばれ~、くたばれ~、読売くたばれ~」の替え歌で応戦。村田がライト側にファウルを打つたびに「たまには頼みを聞いて(レフト方向に)引っ張ったれや~」と、小ネタも挟みこんでいた。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
「大谷は球界を背負う人材。だから巨人に」と40代巨人ファン
阪神・藤浪 グラウンドの出入りに深々と礼をする真摯な姿勢
野球評論家・広澤克実氏 「ヤジは日本野球の文化の1つ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP