ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蔡英文氏 中台関係の主導権獲得を日米カード駆使で画策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月20日、蔡英文氏の台湾総統就任式が行われる。中国は独立志向が強い民進党政権誕生を前に台湾側をけん制しているが、蔡氏らは表向き静観の構えだが、水面下では着々と日米両国との関係強化を図っている。その具体策が南シナ海上で台湾が実効支配する太平島の軍事基地を米軍に提供、さらに日本の潜水艦技術を米国経由で入手、製造するとの驚くべき秘密計画だ。現地からジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *
 台湾在住の中台関係筋によると、このようなリスク回避を前提に進めているのが米台間の密約だ。それは、台湾が南シナ海で実効支配している太平島内の軍事基地を米国に提供するとの内容だ。

 太平島は南沙諸島内にあり、すでに1150mの滑走路が完成。台湾空軍は2007年12月、戦術輸送機C-130ハーキュリーズの離着陸に成功。馬英九政権は2014年2月から太平島の埠頭新設や滑走路改修などの工事を始め、年内にも新たな埠頭が完成予定だ。「蔡英文は米軍に基地の使用権を認める方針を固めている」と同筋は明かす。

 一方の中国は西沙(パラセル)諸島の永興(ウッディ)島の埋め立てを進め、滑走路などの軍事施設を建設すると同時に、地対空ミサイルを配備したと伝えられる。

 習近平は3月、ワシントンで行われた世界核サミットで、オバマ大統領と会談し、「中国の主権の侵害を許さない」などと述べ、米軍による「航行の自由作戦」を批判するなど、南シナ海の領土主権問題で強硬な姿勢をみせた。

 中国は南シナ海における軍事基地建設をなし崩し的に既成事実化しているが、現状では米軍の対抗措置は限られている。しかし、米軍が太平島の軍事基地を使用することができれば、中国軍にとって大きな軍事的脅威となるのは間違いない。太平島と永興島は600kmしか離れておらず、F-15戦闘機ならば、ほぼ30分あまりで到着できるだけに、米軍にとって太平島の軍事的な役割は極めて大きい。

 さらに、同筋は「このような米台間の軍事関係をテコにして、日台間でも軍事上の密約が存在する」と明かす。台湾は島国だけに、中国の軍事的脅威に対処するには多くの潜水艦を配備したいところだが、台湾への最大の武器供給国である米国の潜水艦は大半が原子力潜水艦だけに、台湾は使いこなせない。このため、蔡英文は日本の海上自衛隊が保有するディーゼルエンジン2基搭載の通常動力型潜水艦「そうりゅう」に狙いを絞っているというのだ。

 とはいえ、日台双方の直接交渉による売買契約締結は事実上不可能なだけに、「日本が米国にそうりゅうの技術を売り、さらに米国が台湾にその技術を渡すという『米国仲介型』の取引が考えられている」と同筋は明かす。

 これらの交渉は実現しても極めて秘密性の高いものであり、公表は難しい。さらに、いま米国では大統領選が行われているだけに、密約が円滑に実行されるかどうかは極めて不透明だが、「蔡英文は中台関係で台湾が主導権を握るために、日米という外交カードを手にし、国際環境を味方につけた外交戦略を駆使しようとしている」と蔡増家・政治大学国際関係研究センター研究員(教授)は指摘する。

●そうま・まさる/1956年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。産経新聞外信部記者、香港支局長、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員等を経て、2010年に退社し、フリーに。『中国共産党に消された人々』、「茅沢勤」のペンネームで『習近平の正体』(いずれも小学館)など著書多数。近著に『習近平の「反日」作戦』(小学館)。

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
空自伝説自衛官 旧式機で最新鋭機“撃墜”し米軍トップ驚嘆
自衛隊「最新装備」実は世界最高レベルで中国軍丸裸にできる
中国軍 海南島に原潜秘密基地建設で南シナ海での対立激化か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP