ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五代目中村雀右衛門が美の秘訣を語る 「まずは肌」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女方の大名跡を3月に襲名したばかりの五代目中村雀右衛門の歌舞伎座公演に密着。女方の所作や化粧へのこだわりといった美しさの秘訣はもちろん、表舞台では見ることのできない飾らない素顔もキャッチした。

 中村雀右衛門は、人間国宝、四代目中村雀右衛門の二男。実兄は八代目大谷友右衛門。1961年、6才で初舞台。1964年に七代目中村芝雀を襲名。今年3月に五代目中村雀右衛門を襲名した。

「名前を継ぐというのは、芸を継承するということ。名前に見合うよう芸も磨いていかないといけないので、責任の重さを痛感しています」

 と真摯な眼差しで語る五代目雀右衛門。父である四代目は、晩年まで若々しい美しさと格調の高さで人気を博した。

「父は“気持ちを大事にしなさい”と言っていました。役の性根を理解し、強い気持ちで演じることで、お客様に心が伝わるのだと。また、父は形をとても大切にし、ひとつひとつの所作をきれいに表現していました。そうしたところも継承していきたいです」

 歌舞伎の女方といえば、匂い立つような色気と立居振舞の美しさは女性以上だが、美の秘訣はどこにあるのだろう。

 五代目は「まずは肌」と語る。“色の白いは七難隠す”というように、白粉のベースがとても大切。歌舞伎の化粧はグラデーションが重要で、顔は白いけれど色差しのあるところはピンクにしたり、立ち役の隈取りも縁を指でぼかすことで、遠くから見たときに美しく見える。きれいにぼかすには、ベースの白粉がきれいでないと、と強調する。

 しかし、毎日のようにあれだけの化粧をするのは、肌にとってかなりの負担では?

「肌は丈夫なほうですけど、白粉を塗る前には鬢付け油をたっぷり塗るんですよ。油分で肌を保護するんです」

 さらに美しい姿を保つために、体形も維持。

「若いときに伯父の松緑(二代目尾上松緑)に“女方をやるのにそんなに太っていたらマズいぞ”と言われて、1か月で12~13kgやせたことがあります。それが女方を目指すと最初に決意したときでした。その後も多少の増減はありますが、気をつけています。あとは姿勢。姿勢がよいと10才は若く見えます。背中はごまかせません。背筋がシャンとしていると素敵ですよ」

 2013年の歌舞伎座新開場以来、歌舞伎は一大ブーム。初めての人も足を運ぶチャンスだ。

「歌舞伎は難しいと思われがちですが、庶民の間から生まれたものなので実は難しくありません。複雑な筋立てではなく、人の気持ちを表現しているお芝居ですから、若い人よりも年を重ねた人のほうが、人生経験が豊富になるので共感できることが多いと思います。音楽も生演奏ですし、舞台も華やか。自分の好みにあわせて楽しみ方を選べるのが歌舞伎の魅力です」

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
次々と起きる不幸 4月2日に開場する「新歌舞伎座の怪」
今井翼と歌舞伎共演の片岡愛之助 連日の焼き肉で「破産寸前」
今後の歌舞伎界中心は尾上菊五郎、松本幸四郎、中村吉右衛門

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP