ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「頼むよ!30分でいいから一緒にメシ食おうよ!」 どうしても大人と話したい時の裏ワザ by ムーチョ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

僕はそんなに人見知りな性格でもないと自分では思っているのですが、

それでもやはり地元でママ友を作るのは結構大変でした。 パパならではのエピソード:いつまで言われる?「お母さんに伝えて」という言葉の背景にあるもの

初めの頃は本当に誰と会う機会もなくて、

自宅で赤ちゃんと僕の二人きり、という生活が続いていました。

これが、本当に、息がつまる。

精神的に相当辛かったです。

なんとかそんな孤独な状況を脱しようと

大学時代の友人とよくランチに行きました。

電車や車を使って、相手の会社の近くまで行き、

昼休憩の30~45分だけ会って、また帰る、という感じです。

赤ちゃんを連れての移動も大変なんですけど、

自宅にいるのはそれ以上に苦痛だったので行ってましたね。

自分の住んでる町から出るのは気分転換にもなったので

そういった意味でも良かったです。

気晴らしは、重要ですね!! ムーチョさんの出産立ち会い体験記:赤くて黒くて午前4時で我が子は緑で……胎盤の衝撃、そして出産の凄まじさ by ムーチョ

著者:ムーチョ

年齢:36歳

子どもの年齢:8歳と6歳

東京都在住。元テーマパーク系企業の人事でしたが、体調不良のため退職、その後いろいろあって現在専業主夫をやってます。主夫業の合間に描いた育児漫画ブログが注目され、漫画ブロガーとしても活動中。育児雑誌の連載なども。記事は娘たちが小さい頃の体験談です。

ブログ:カタルエ – 専業主夫の4コマ漫画ブログ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ムーチョさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

家事を全くやらない夫が動き出したのは…「おとーたん、やって」の魔法の言葉!
夕食を作ってくれる主人に感激…のはずが連日の炒飯地獄にうんざり。もう食べたくな〜い!
家事や育児は全て私ひとりが背負っていた。でも…。夫婦で協力し合う大切さに気づいた瞬間

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP