体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試み。会場には驚くほどデザイン性の高い水槽が展示されました。

その日本人とは、デザインオフィスnendoや日本デザインセンター原デザイン研究所を経て独立した三澤遥氏。ここでは、彼女の作品を5つピックアップして紹介しましょう。

「水中の風景」は、
デザインの力で
もっと魅力的になる。

waterscape from Haruka MISAWA on Vimeo.

01.
【水の中の温室 気球型】

水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

ガラス製の球体は、水中に浮かぶ小さな温室。
水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)
水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

球体内に空気が溜まるので外気より室温が高く、温室効果で植物がすくすくと育ちます。水中にある水面が、「水面は水の表面にある」という既成概念を揺らがせることに。

02.
【雲のようなかたまり】

水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

実際にはどっしりと重たいものも、水中ではふんわりと軽そうな印象になる。そんな眼の錯覚を利用し、丸みのある白い造形物とその周囲を泳ぐ魚によって、空に浮かぶ雲の中を飛行船が飛んでいる光景を水中に表現したのだそう。
水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

03.
【泡のゾーニング】

水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

泡の集積を連想させるボロノイ図を造形に応用。疎の空間は大きな魚の、密の空間は小さな魚のテリトリーとなり、水槽内にゆるやかな縄張りが生まれています。
水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)

04.
【開口のある境界膜】

水中の温室、エビの階段・・・生きものたちとコミュニケーションできる「美しい水槽」(全5種)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy