ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのザ・ホワイト・ストライプスを彷彿!? 邦楽ロックに衝撃与える新時代3ピースバンド Walkingsが凄い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あのザ・ホワイト・ストライプスを彷彿!? 邦楽ロックに衝撃与える新時代3ピースバンド Walkingsが凄い

 昨年夏の【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】で新人アーティストの登竜門とも言うべき“ROOKIE A GO-GO”ステージに出演し、ブルースロックを基調に全方位へ拡散する音楽性で衝撃を与えた新時代の3ピースバンド Walkingsをご存知だろうか。

各メンバーのソロ写真など計8枚

 今年の4月に初のフルアルバム『穴』をリリースしたばかりの彼らは、2012年に結成。メンバーの高田風(vo,g)と吉田隼人(b)はそれ以前に“イッキー・サンプス”という名のバンドを行っていたそうだが、洋楽ロックファンならピンとくる人も多いだろう。確かにその音は、あのザ・ホワイト・ストライプスを彷彿とさせるものがある。ソリッドでラウドなサウンドや肉感的なダンスビート、クセの強いボーカルをポップに昇華させた期待の若手バンド、それがWalkingsだ。

 そんな彼らの魅力は、4月末に出演した下北沢Daisybarでのイベントライブでも遺憾なく発揮されていた。調和やバランスよりも一音の衝撃を重視したかのような音像は凄まじいものがあり、序盤からあっという間に会場を飲み込んでしまう強烈なアクトを披露。そして終盤、「台風」と題されたミドルテンポの楽曲からの流れは圧巻だった。

 ステージ後方で暴れ回るように刻んでいく高梨貴志(dr.)の激しいリズムにフロントの2人が呼応していく迫力の瞬間から、エゲツないほど生々しいサウンドが次々と押し寄せてくる強烈な1曲「無駄」へ。今と昔がめくるめくように交錯しながら尋常ならざる熱量まで高まっていく展開に、様々なロックファンが数多く集まった会場からは大きな喝采が送られた。見るものを一撃で圧倒するこの衝撃度は、近年のシーンではかなり稀有だと断言していいだろう。

 現在、YouTubeではアルバム『穴』収録曲「flying fly」と「無駄」のミュージックビデオが公開されている。また、5月から6月にかけてライブ出演が多数決定しており、5月21日には渋谷Milkywayにて初のワンマンライブも開催する。ロックファンを自認する人はぜひ一度、Walkingsをチェックしてみよう。

撮影:サイトウマサヒロ

◎アルバム『穴』
2016/04/06 RELEASE
PCD-93983 2,300円+税

◎Walkings ライブ情報
【The FOOLS presents Teenage Blue vol.1】
5月10日(火) 新宿JAM
出演:THE FOOLS、Atomic stooges、Fuzzys、The Mash、Walkings
【Dreaming Holiday】
6月4日(土) 神戸 SLOPE
出演:she her her hers、ハロルド、Faded Old City、kojipull、Walkings
DJ:AZ(onion night!)、麻美(loose night)、KOJI(ex.Orca Shore)

6月26日(日) 千葉 LOOK
出演:ザ50回転ズ、the knowlus、スキマノザラシ、Goat Empire、Walkings

関連記事リンク(外部サイト)

「大阪の人は本当に元気!パワーが凄い!」w-inds. FM OSAKA 公開録音!
ルーカス・グラハム「セブン・イヤーズ」日本版MV公開、和訳詞はAqua Timez・太志
凛として時雨 【トキニ雨】ツアー7/6新木場STUDIO COASTにて追加公演決定!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。