ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作が完成、2016年カンヌ国際映画祭監督週間で正式上映

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作が完成、2016年カンヌ国際映画祭監督週間で正式上映

 資金の一部をクラウド・ファンディングで集めた、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作『エンドレス・ポエトリー』がついに完成し、2016年カンヌ国際映画祭監督週間にて正式上映されることが決定した。

 本作はホドロフスキー監督の自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となるもので、舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへと移り、様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが当時チリで出会った詩人、アーティスト、パフォーマーなど、アヴァンギャルドなカルチャー・シーンの人々との交流を、虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で描いている。

 前作同様、ホドロフスキーの長男であるブロンティス・ホドロフスキーがホドロフスキーの父親を、青年となったホドロフスキーを、末の息子であるアダン・ホドロフスキーが演じ、撮影監督は『恋する惑星』など、手持ちカメラの独特の映像で知られるクリストファー・ドイルが務める。ウォン・カーウァイをはじめ、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントなど様々な監督の作品に携わってきたドイルが、今回初めてホドロフスキー監督とタッグを組んでいる。

 ホドロフスキー監督は今作について以下のように語っている。

 「『エンドレス・ポエトリー』は、われわれを取り巻く世界に潜むマジック・リアリズムを探求します。観た人が真の自分を発見する手がかりになる、まさに”生きること”への招待ともいうべき作品です。」

 カンヌでの公式上映は現地時間2016年5月14日(土)21時より行われ、上映後に監督らによる舞台挨拶が行われる予定となっている。日本公開は、今作の製作に参加したアップリンク配給により2017年春を予定している。

◎『エンドレス・ポエトリー』あらすじ
物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

◎作品情報
『エンドレス・ポエトリー』
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー/パメラ・フローレス/ブロンティス・ホドロフスキー/レアンドロ・ターブ/イェレミアス・ハースコヴィッツ
2016年/フランス、チリ、日本/128分/スペイン語

関連記事リンク(外部サイト)

御年86歳のアレハンドロ・ホドロフスキー監督が新作『エンドレス・ポエトリー』の製作を発表、謎の“ポエティックマネー”とは?
巨匠ホドロフスキーが100人のファンとの坐禅会で説く 「金は物を持つためではなく、自らの魂をより豊かにするもの」
鬼才ホドロフスキー監督が語る 日本との繋がり、アートを創り続ける理由と若さの秘訣

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。