体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GEM 目標はスーパーサイヤ人!? 涙と笑顔、人間味溢れた現体制ラストワンマン「最高な時間をありがとうございました!」

GEM 目標はスーパーサイヤ人!? 涙と笑顔、人間味溢れた現体制ラストワンマン「最高な時間をありがとうございました!」

 実力でアイドル界No.1を目指している、avex発の10人組ガールズグループ GEM。5月8日 現体制最後となるワンマンライブ【GEM Live Mixture 2016 ~Best 10ct Forever~】を品川ステラボールにて開催した。

GEM キュートなライブ写真一覧

<10人で駆け抜けたストーリーが思い出されるセットリスト>

 6月25日以降、武田舞彩が米ロサンゼルスへ留学するGEMにとって、同公演は彼女を含む10人でパフォーマンスできる最後のワンマン。その姿を目撃するべく駆け付けたGEMILY(GEMファンの総称)で埋め尽くされた会場へ登場した10人は、お馴染みの「Girls Entertainment Overture」に乗せて各々の個性を発揮した、いつにも増して気合いに満ちたキレッキレなダンスを披露してみせる。そこから10人で駆け抜けたストーリーが思い出されるセットリストで会場をひたすら扇情。舞彩の「皆さんがペンライトを振って下さって、すごく良い景色が観れて嬉しいです! みんなで楽しんでいけたらいいなと思いますので、皆さんよろしくお願いします!」という呼びかけにもGEMILYは全力でレスポンスしていく。

<赤い光に染まった会場「飛び込みたいと思っちゃいました(笑)」>

 第二幕では、舞彩がメインボーカルを務める「EMERGE!!」や、メンバーの小栗かこが振り付けを担当し、10人のフォーメーションダンスが実に鮮やかでドラマティックだった旅立ちの歌「departure」等、徐々にこのライブが10人にとって最後のワンマンである事を実感させる楽曲&パフォーマンスが畳み掛けられていく。「今回は傘を使ったDance Mixtureからの、ストーリー性のある「EMERGE!!」になっていたんですけれども、「EMERGE!!」をこの場所で歌えたことだけでもすごく嬉しいんですけど、自分のカラーの赤(のペンライト)をほとんどの方が振って下さってて、すごく嬉しくて飛び込みたいと思っちゃいました(笑)」あの舞彩がダイブしたいと思うほどに美しい光景がたしかに眼前に広がっていた。

<何度も10人で各会場を熱狂させてきたキラーチューン連発>

 「まだまだ盛り上がる準備は出来てますか!? もっともっと声出せますか!? ラストスパートを駆け抜ける準備は出来てますかぁぁぁ!?」「後半戦は私たちの大事なシングルをメドレーでお届けしたいと思います!」本編クライマックスとなる第三幕は、「We’re GEM!」「Do You Believe?」「Star Shine Story」「Baby, Love me!」等、これまで何度も10人で各会場を熱狂させてきたキラーチューンばかり連発。GEMILYのテンションも尋常じゃなく高まっていき、各メンバーの名前を愛の限りに叫んでいく。また、「君が泣いたり 笑ったり 傷ついたり 愛したりして 深く深い場所で 僕らは出逢っていたはず……」ラストワンマンというシチュエーションと相まって客席には堪えきれず涙する者も。

<「約2年後、私が帰ってきたときは、スーパーサイヤ人に……」>

 そしてアンコールでは、一人一人がファンへの感謝や今後の意気込み等を語る場面があり、最後の出番となった舞彩は「私たち10人は小さい頃からこの世界に憧れていて、練習も頑張ってきて、そうして集まった10人だと思うんです。メジャーデビュー前もすごく苦労したし、デビューしてからも苦労してきたし、これからもたくさん苦労すると思うんですけど、でもたくさん頑張った分結果はついてくると思うので、この10人が良かったって、この10人だから大きなステージに立てるんだって思ってもらえるようにもっともっとスキルアップ頑張りますので、ひとりひとりがもっと輝いて、約2年後、私が帰ってきたときは、スーパーサイヤ人に……スーパーサイヤ人になれるように頑張りたいなって思います」と語り、それまでの緊張感溢れる空気を一気に溶かしてしまう。

 「サイヤ人好きですか? 皆さん」唐突な問いかけに笑いを隠せないメンバーやGEMILY。しかし「今から歌う曲はそんな私たちがメジャーデビューのときに頂いた大切な大切な宝物の1曲です。この曲はみなさんと一緒に歌ってひとつの曲になると思うんですよ。だから皆さんと一緒に歌えたらいいなって思います。「この10人が最高だ」って思ってもらえるようなステージで終わらせたいなって思うので、皆さん……一緒に歌って最高の1日にしましょう!」と涙ながらに語ると、その後の「We’re GEM!」のパフォーマンス中にまず伊山摩穂がもらい泣き。他のメンバーやGEMILYも目頭を熱くさせながら、多幸感にあふれるこの曲を全力で歌い上げていく。GEM史上最もエモーショナルな「We’re GEM!」を歌い終えた10人は、「本当に楽しい時間をありがとうございました!」と深く頭を下げ、リーダーの金澤有希は何とか涙を堪えながら「恩返しできるように一生懸命頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」と言い切り、最後はみんなと記念撮影。いつまでも忘れることはないであろう1日を写真に、そして10人それぞれの胸に刻んだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会