ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

信長、秀吉、家康が好んだ豆味噌 ストレス耐性高める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『真田丸』で注目の集まる戦国の武将たち。彼らの活躍を支えた「食の秘密」を探った。

 戦国武将には長命な人物も多かった。その秘訣が「食」にあると語るのは、食文化史研究家で元・西武文理大学客員教授の永山久夫氏だ。
 
「戦で勝敗を決するのは強靱な肉体と直感力と頭能。武将たちは命を賭けた戦のストレスに抗うための方法が『食』にあることを知っていたのです」

 中でも戦国時代の三英傑、信長、秀吉、家康に共通するのが、大豆100%の「豆味噌」を好んで食していたことだ。

「豆味噌は必須アミノ酸のひとつ、トリプトファンが多く、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの原料になります。セロトニンは脳を活性化させ、ストレスに強くなる効果があることが知られています」

 ほかにも、蛸や海産物から疲労回復効果がある「タウリン」、豆類と麦から強靱な肉体と精力を増強する「アルギニン」を摂取していた。

「当時の武将は、アルギニンを多く摂っていたので精力も旺盛。側室を何人も抱えていたのも、“アルギニン効果”があったからこそと言えます」

 現代社会の私たちも彼らの食事から学べることがあるはずだ。

写真/明石雄介

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
“男性ホルモン製造器”の別名 アルギニンは高野豆腐に多い
伊達政宗の動脈硬化予防法と武田信玄のアロマテラピー術
新潟・長岡市 直江兼続の「愛」がテーマのスターマイン花火

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP