ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園の虎ファン 巨人・立岡に「タピオカ~」と連呼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワールドチャンピオンに輝いた経験もある巨人の元エース・上原浩治(現ボストン・レッドソックス)が、「世界一のアウェー」と評したのが甲子園での阪神戦だった。熱狂的な虎ファンたちの手厳しいヤジは、今季も健在だ。テレビ観戦では聞こえない、放送コードギリギリの“声援”の数々を現場ルポ!

 プレイボール直前、4万6000人の大観衆による「六甲おろし」の大合唱が終わると、まず虎ファンの“矛先”は、巨人のマスコット・ジャビットに向けられた。

「コラ~、ウサギのバケモン! ボサッと突っ立っとらんと、六甲おろしが流れたらお前もケツ振って踊らんかい!」

「マスコットのくせにビジター用のユニフォームまで持っとるとはな。金持ち球団は違うのう!」

 アニキこと金本知憲・新監督率いる阪神タイガースが、甲子園で今季初めて読売ジャイアンツを迎え撃った4月26日。この日を待ちわびていた虎ファンたちのボルテージは最高潮に達していた。

 阪神の先発は藤浪晋太郎。1回表、巨人の先頭打者・長野久義の四球出塁に、「1回ぐらいバット振れよ~」と声が飛んだのを皮切りに、次々とヤジが続く。2番・立岡宗一郎が打席に入るとスタンドからは、

「タピオカ~! タピオカ~!」

 とダミ声の連呼。その立岡が2球目でバントを決めると、「おい、ヨシノブ~、動きすぎちゃうか! アニキならそんな野球はせぇへんぞ。坊ちゃん顔して案外セコイんやな」と高橋由伸・監督が標的になる。その間も、「タピオカ~。タピオカ~」と呪いでもかけるかのように叫び続ける野太い声は止まない。心なしか立岡の表情も乾いたタピオカのようにこわばってきたような……。

 後続が凡退するとヤジ将軍たちのウォームアップも完了。エンジン全開の口撃のターゲットは投球練習中の巨人先発・高木勇人だ。

「高木いうたら記者会見で引退やいうて泣いてたヤツちゃうんかァ! もう帰ってきたんかいな。1年は家にこもらんとヤーさんに追い込みかけられるぞ!」

「博打はダメ、ゼッタイ。真面目に働かなアカンでコラ~」

 もちろん野球賭博問題で巨人に契約解除されたのは別の高木(京介)である。開幕前にジャイアンツを揺るがせた野球賭博問題は、虎ファンにとって格好のネタだ。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。