ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笑点の司会者「円楽本命」を決定づけた「先代円楽の遺言」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1966年の放送開始から50年、ついに初回放送から出演を続けていた唯一の“生え抜き”が引退する。『笑点』(日本テレビ系)の5代目司会者を務めてきた落語家の桂歌丸(79)が5月22日の放送を最後に、体調不良を理由に同番組から引退することを発表した。

 本誌は前号で〈円楽が暴露した『笑点』歌丸「降板近し」の病状〉と三遊亭円楽(66)がテレビ番組で緊迫する歌丸の病状を「暴露した」と報じたばかりだったが、どうもその円楽が「後継者」となる6代目司会者の“筆頭候補”のようだ。日テレ関係者がいう。

「笑点の視聴者は変化を嫌うので、リスクを伴う外部からの司会者招聘はとてもできません。昨年、歌丸師匠がお休みだった時期も今のメンバーで順番に司会を回していました。中でも毒舌キャラで番組の“顔”である円楽師匠が抜きんでている。最年長は林家木久扇さん(78)ですが、代理で務めた司会ぶりを見る限り、キャラ的に厳しいでしょう(笑い)。逆に円楽さんは司会をそつなく務めたことで、評価を上げた」

 歌丸の引退発表を報じた2日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、「あれっ、もう円楽が次の司会に決まったの?」とお茶の間に錯覚させるような演出があった。歌丸が次の司会者への言葉として「決して、暗い話題に触れるな」と語ると、若き日の映像として歌丸と円楽のやり取りが流れた。

 会見の様子に戻っても、円楽が涙声で「笑点を通じて、時々『生きてるか~?』って信号送りますから。そしたら『生きてるよ』と言ってください」と話す姿が。なぜか円楽とのシーンばかりが映るのだ。さらに街頭アンケートでは明石家さんまやビートたけしといった現実味のない大物の名前が挙がり、それがかえって「円楽しかいない」という空気を醸し出していた。

 2人の関係を考えても「歌丸のあとは円楽しかいない」というのが落語界の共通認識だ。テレビでは歌丸の悪口ばかり言っている円楽だが、「桂歌丸を人間国宝にする会」を立ち上げるなど尊敬の念が強く、歌丸も円楽との二人会を数多く開いて口の悪い後輩を格別に引き立ててきた。

 その背景には、笑点の司会を引き継いだ故・五代目三遊亭円楽から歌丸に託された「遺言」があったのだと、落語関係者は明かす。

「歌丸師匠は先代の円楽師匠が亡くなる際、『あとは頼む』と託されていたそうなんです。その『あと』というのは、笑点の次の司会を頼む、というだけでなく、『楽太郎(現在の円楽)のことも頼む』という意味だと歌丸師匠は受け取ったようです。だから、『円楽師匠から受け取った司会を、円楽に返す』という感覚なのでしょう」

 後任の司会者について日本テレビは「近日中に発表できるように調整しています」と回答した。それにしても、円楽の歌丸への「毒舌」が見られなくなるのは寂しい。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
『笑点』関係者が桂歌丸の現在の状況を声を潜めて語る
『笑点』跡目争い 本命=円楽、対抗=小遊三、大穴=立川流
『笑点』メンバーに選ばれた落語家は地方営業でギャラ高騰の利権

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP