ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】実力派アーティストがチャートインするには? 根強い人気のスピッツと宇多田ヒカル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 音楽シーンのここ数年の傾向として、アイドルとアニメ関連曲は非常に強い。ご覧のとおりビルボードのHot100でも、上位の大半を占めている。これは時代の流れなので否定するつもりはないが、偏らずバラエティに富んだランキングになれば、チャート自体も面白くなるはず。そういった意味では、今週ベスト10に入ったスピッツと宇多田ヒカルは貴重な存在だ。

 スピッツの新曲「みなと」は、およそ3年ぶりのシングル・ナンバーということもあり、6位に急上昇(【表1】)。シンプルなバンド・サウンドを基調にしたスピッツらしい楽曲で、NTT東日本のCMソングとして耳にした方も多いだろう。今週は、ラジオのオンエア回数では首位を獲得(緑のグラフ)。それ以外にも、ダウンロード数を含む売上やPCでのCD読み取り数、ツイッターのつぶやき数なども上位をキープ。動画再生数(赤のグラフ)が一気に36位まで上がってきているのもチャートアップの理由だ。彼らのようなバンドは、チャートの構成要素のバランスがいいのが特徴。ある意味理想的な存在である。

 一方、宇多田ヒカルの「花束を君に」は、5年ぶりに復活した最初のシングルで、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌(【表2】)。発売週の先々週が3位、先週が2位、そして今週が7位と少しダウンしたが、それでもアイドルの新曲ラッシュに揉まれながら健闘中だ。彼女の場合は話題性が先行したように思われがちだが、実際はフィジカルやダウンロードの売上が安定しているのが特徴。ツイッターの指数(水色のグラフ)や動画再生数(赤のグラフ)が少し落ちても、売上自体をキープしているということは、話題性だけでなくしっかりと楽曲が評価されている証拠である。なお、13位にも「真夏の通り雨」がランクインしており、「花束を君に」同様に売上ベースなのが頼もしい。text by 栗本斉

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP