ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DREAMS COME TRUE、5大ドーム40万人を魅了したワンダーランドが映像化決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドリカム史上初となる音楽と物語が融合したファンタジーライブ【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015】がDVD & Blu-ray DISC化されることが決定した。

 本作で注目すべきは、想像を超えるスケール感のダイナミックな演出の数々だ。吉田美和はドーム上空20mを縦横無尽に舞い、さらに進化した今回は自転車ごとフライトし会場中を駆け巡ったかと思えば、約41mの衣装がドーム全体を包み込むような大きな美しい花のようになったフライングなど、多様なヴァージョンに進化し、空から極上の歌声を響かせた。さらに、中村正人も演奏しながらのフライングを披露した。

 そして、今回はワンダーランドの醍醐味でもある大掛かりなステージセットも、さらに進化。1周188m、縦19mに渡る巨大なバルーンスクリーン(ドームコンサートとしては世界最大級)を浮遊させ、オリンピックの開会式も担当する映像チームをフランスから招き、1曲ごとに映像をシンクロさせ楽曲の世界を表現。また、ドームという形を生かした今回のストーリーとリンクした3つに分かれて動く楕円形のステージに、S+AKS率いるトップクラスのパフォーマーとオーディションを勝ち抜いた黒ドリダンサーズ30名が圧巻のダンスパフォーマンスを見せた。

 「ワンダーランド王国」を舞台にしたオリジナルストーリーも見逃せない。ベスト盤『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』収録の3枚のディスク「LOVE」「TEARS」「LIFE」というキーワードをもとにしたストーリーで、「愛こそすべて」のLOVE団とひたすら「悲しみと涙にくれる」TEARS団、人生そのものを「大木のような慈しみ」で見守る「LIFE団」に分裂してしまったワンダーランド王国。王国の危機を、歌にこめられた魔法の力で救えるのか? ライブが進行するとともにストーリーが展開し、まるで異世界に足を踏み入れたような興奮が味わえる。

 そして、セットリストはファンのリクエスト上位をもとに選ばれ、みんなが聴きたいドリカムの名曲が満載。演奏陣には浦嶋りんこ、JUON、中沢ノブヨシ、最上三樹生、本間将人を中心としたDCTホーンズなどお馴染みのメンバーに加え、今回は、キーボードに渡和久(風味堂)、そして、ドラマーには、ドリカムの2人が長年共演を熱望していた元Earth, Wind & Fireのドラマー、ソニー・エモリーが参加。およそ7分のドラムソロもあり、吉田美和も絶賛した凄腕のテクニックを堪能できる。

 ライブ音源のミックスは、エアロスミスのプロジェクトにも参加しているEd Tuton。ステレオマスタリングは、数々のグラミー賞にノミネートされたアルバムや、全米チャートの上位にランクインする作品、そして、2014年にリリースされたアルバム「ATTACK25」のマスタリングエンジニアでもある、ニューヨーク/スターリングサウンドのChris Gehringer。サラウンドマスタリングは、2014年にグラミー賞を受賞し、Beyonce、Green Day、Bon JoviやRihannaのDVD作品も手がけているRyan Smithが担当している。世界最高のライブを、臨場感たっぷりの映像とハイスペックな音源で作品化した今回のDVD & Blu-ray DISC。映像特典には貴重な発言からワンダーランドの裏側を追ったドキュメンタリーも収録されている。

◎リリース情報『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団』
2016/7/7 RELEASE
DVD盤:UMBK-1240/1 6,300円(tax out) 2枚組
Blu-ray盤:UMXK-1040/1 7,300円(tax out)2枚組

【史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団 特設サイト】
www.dreamscometrue.com/dwl2015/

関連記事リンク(外部サイト)

DREAMS COME TRUE 「あなたのように」配信スタート&インタビューやCM映像も公開
DREAMS COME TRUE 100万枚突破のBESTから1年……今年の七夕は『ウラBEST』発売 ウラワンの開催も
【Chart insight of insight】実力派アーティストがチャートインするには? 根強い人気のスピッツと宇多田ヒカル

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP