ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨーロッパで高い人気を誇る英SSWビル・プリチャードの初来日公演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新作『マザー・タウン・ホール』をリリースしたばかりのビル・プリチャードによる初来日公演が行われることが明らかになった。

 英スタッフォードシャーのリッチフィールド出身のシンガーソングライター、ビル・プリチャード。1987年に『Bill Pritchard』で<Third Mind>よりデビュー。1988年に2ndアルバム『Half A Million』をリリース後、<PIAS>と契約。翌年『Three Months, Three Weeks And Two Days』をリリースし、アメリカでも注目を浴びる。その後『Jolie』(1991年)、『Happiness And Other Crimes』(1998年)、『By Paris, By Taxi, By Accident』(2005年)とリリースを続け、2014年には9年ぶりとなるアルバム『A Trip To The Coast』を<Tapete Records>よりリリースした。

 約1年ぶりとなる新作『マザー・タウン・ホール』は再び盟友ティム・ブラッドショーと制作された。レコーディングは故郷スタッフォードシャーのバーズレムで行われ、ホーンはフランスで追加レコーディング。長年のスタジオ・パートナーであるルー・ピゴットによって、バーズレム、ベルリン、シンガポールでミックスされた。

 そして今作を引っさげた初来日公演が決定。ライブは、2016年7月31日と8月1日に東京・Alternative Cafeにて行われる。

◎公演情報
【Bill Pritchard
Sings Jolie and more】
東京 2016年7月31日(日)~8月1日(月)
Alternative Cafe
開場19:00 / 開演19:30
チャージ:予約4,000円 / 当日4,500円(ドリンク代別) 
INFO:Blue Songs Project https://www.facebook.com/bluesongspj/

◎リリース情報
『マザー・タウン・ホール』
ビル・プリチャード
2016/3/2 RELEASE
2,100円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

GW明けも来日ラッシュ!5月~6月の来日公演まとめ
ただ息をするように自然に、率直に…NYのローファイ・ポッパー、フランキー・コスモスの歌と言葉(Album Review)
政治的/社会的なテーマをグローバルな視点から問う、アート・ロックというPJハーヴェイの“戦い方”(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP