ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安SIMの契約プランは3GB、使用量は1GB未満が最多に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は5月9日、スマホ利用者を対象とした月間のデータ通信契約プランおよびデータ通信使用量などに関する調査結果を発表しました。
4キャリア利用者551人と格安SIM利用者546人の計1,097人を対象に、月間データ通信の契約プランについて調査したところ、4キャリア利用者では「5GBプラン」が17.8%で最多となり、格安SIM利用者では「3GBプラン」が31.9%で最多となりました。また、契約している通信プランがわからないと回答した人は、格安SIMの利用者では5.9%だったのに対し、4キャリアの利用者では20.1%となりました。

 

実際に使用している月間のデータ通信量については、4キャリア利用者では「わからない」が18.7%で最多となり、格安SIM利用者では「1GB未満」が19.2%で最多となったとのこと。

 

また、スマホのデータ通信量の節約意識については、4キャリア利用者では「かなり意識している」が20.3%、「やや意識している」が33.0%と、計53.3%の利用者が節約意識を持っている結果となりました。これに対して、格安SIM利用者では「かなり意識している」が28.9%、「やや意識している」が36.3%と、計65.2%となり、格安SIM利用者のほうが10ポイント以上高く節約意識を持っているとの結果になりました。

 

MMD研究所

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。