ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

割れたスマホ専用の保護フィルム

DATE:
  • ガジェット通信を≫


うっかり落とすなどして、割れてしまうことがあるスマホのディスプレイ。画面にひびが入る程度なら操作ができることも多く、割れたまま使い続けている人をたまに見かけますが、ガラスの破片がこぼれ落ちたり、指を切ってしまったりと、さらに問題が起こってしまうことも。

【もっと大きな画像や図表を見る】

でも、修理をするにもお金がかかるし、まだ新しいので買い替えの踏ん切りもつかない。せめてもう少し使わせてほしい…と、時間を稼ぎたい人にオススメなのが『スマホの絆創膏』。ガラスが割れたスマホ専用の保護フィルムです。

そんなの普通の保護フィルムを貼ればいいのでは? と思うかもしれません。しかし、一般的な保護フィルムは画面の端までカバーしていないため、剥き出しになった割れ目からガラスの破片がはがれたり、水滴が入り込んだりする可能性があるんです。

『スマホの絆創膏』は、ガラス部分を越えてスマホの側面まで覆うように貼れるのが最大のポイント。柔軟性が高い素材を利用しているため、コーナー部分まで巻き込んで貼ることができます。ガラス全体をカバーすることで「二次災害」を防ぐというわけ。

フィルムの粘着力も高く、ヒビの凸凹にしっかり吸着することで気泡の侵入もブロック。サイズは最大5.7インチまで対応しており、自分でスマホの形にフィルムを切って貼り付けるため、どんな形のスマホでも使えます。

一時しのぎの「応急処置」に使える『スマホの絆創膏』。スマホが怪我をしたら優しく貼ってあげてはいかが?

(井上マサキ)

『スマホの絆創膏』(スマホバンク/価格:980円)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

割れたスマホ専用の保護フィルムはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

スマホ動画撮影に役立つ“+1”!
画面保護シールをキレイに貼りたい
「デジタル目疲れ」対策&グッズ
YouTube的な映画がブーム
“塗って拭く”タッチパネル保護材

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP