ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

組み立てや運搬も簡単。折りたたみ式「災害時シェルター」がスゴい(再利用も可)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかーー。シンガポールに拠点を置くデザイン・建築オフィス「WY-TO」の答えは、折りたたみ式のシェルター「Living Shelter」でした。

アジアで起きる
自然災害時のニーズを
ほぼ網羅

特徴は大きく5つ。

・フラットで運搬しやすい

・大人2〜3人、30分程で組み立てられ、特別なツールは必要なし

・東南アジアの気候、環境に合わせて作られている

・家具から照明まで、基本的な住環境ニーズを押えている

・再利用可能

な点。

縦2m30cm、横2m83cm、幅4.3cmとぺたんこになるので、スマートな運送が可能です。

組み立ても簡単で、コンテナやトラックで一度に運搬できる数も上記の通り。

復興まで見据えた
無駄のない設計

東南アジアによく見られる、高床式で風通しがよい「カンポンハウス」を参考に設計。鍵はもちろん、虫が入ってこないよう窓にはネット、ベッドやハンモックなどのポータブル家具、外で料理する際の棚、ソーラーパネル発電、雨水回収システムも付いているという万能性。

また最終的に、使用されている部品は簡単に解体して再利用もできるそうで、災害時から復興までを視野に入れた、無駄のないデザインが秀逸です。

プロトタイプは2016年5月28日から開催されるヴェネチア・ビエンナーレ建築展への出展が決まっていますが、4万ドル(約430万円)の資金を必要としていて、現在「INDIEGOGO」にて支援者を募っています。

被災地復興の強い味方となりそうなこのシェルター、早いタイミングでの商品化を期待したいところです。

Licensed material used with permission by WY-TO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP