ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入園は子離れの第一歩。保育園ブルー、寂しいのは子どもではなくママでした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月から保育園に通うことが決まった我が子。

2才半での入園です。

それまでは毎日いつでも一緒だった私たち。

名前つけやらバッグやら、こまごまと入園準備をしながらなんとなく寂しい気持ちが押し寄せます。

「4月になったら保育園に行くんだよ」

というと

「うん。行くー!」

と元気いっぱいにこたえる我が子。

まったく寂しがってくれない娘に、

「さびしくないの?」

と、ついしつこく聞いてしまう私…。

もともと人見知りをしない性格の娘。

身近に同じ年くらいの遊び相手がいないためか、小学生や幼稚園生くらいの子を見つけると一緒に遊びたくてしょうがない。

後をついていったり、遊びの輪に勝手に入っていったりと、自由奔放。

そんな性格なので、保育園に行ってもきっと大丈夫かな、という思いもありました。

それでも、

「いざ入園すると違うよ」

「泣き叫ばれるかもよ」

などと先輩ママたちに脅されてもいたので、どうなるものかとドキドキで迎えた初登園。

寂しそうなそぶりゼロ!

まったく問題なし!

もっと泣きついてきたり、登園をイヤがったり、するんじゃないの??

思っていたのと違う!

以降も楽しそうに保育園に通う我が子。

いや、楽しんで通ってくれるのはありがたいし、本当によかったのだけれど…。

取り越し苦労だった安心感と少し寂しい気持ちが入り混じって、なんだか複雑な心境に。

『ママと離れ離れにさせるのはかわいそう』

『親の都合で寂しい思いをさせてごめんね』

なんとなく、そう思っていた私。

できるだけ一緒にいてあげたい。

もちろん、それはそうなのだが仕事や家の事情でそうもいかないからこそ、保育園がある。

逆に子どもの目線に立ってみれば、お友達と遊ぶことや共同生活をするのはいい刺激になるし、楽しいこともたくさんある。

実際、我が娘は毎日、意気揚々と保育園に通っています。

先生にごあいさつもできるようになってきたし、園で覚えてきた歌も上手に歌えるようになってきた。

最近はトイレトレーニングもはじまりました。

これからも、ママの手を借りずにできることがどんどん増えていく。

ママとずっと一緒にいるだけでは経験できないこともたくさんある。

それって、決して悪いことじゃない。

元気いっぱい、園庭に飛び出していく娘の姿を見ると少しずつ、そう思えるようになってきました。

通いはじめてもうすぐ1カ月。

(時間と世間の目が許すなら、駐車場からずっと園内を覗いていたい!)

という気持ちをこらえて日々、保育園へ送り届けています。

相変わらず、娘は保育園が大好き。

母は少し寂しいぞー!

入園は親離れだけでなく子離れの第一歩でもあるのだなー、と実感。

子どもの心配ばかりしていたけれど、実際に保育園ブルーになったのは母のみでした。

きっと、これからも母と娘は物理的に少しずつ離れていくのかもしれません。

保育園や幼稚園はそのほんの第一歩。

寂しさはもちろんあるけれど、それを楽しみに変えられるよう、子どもと一緒にママも成長していこう。

一緒にいられない時間があるからこそ、一緒にいられる時間を大切に。

母ひとり、子ひとり。

心は離れないよう、しっかりと愛情たっぷりに育てていこうと思うのでした。

著者:ノンちゃん

年齢:39歳

子どもの年齢:2歳8か月

元へっぽこ編集者。現在は頼まれればなんでも書いちゃう、フリーライター。4月から2才の娘が保育園に通いはじめたばかり。慣れない保育園に戸惑うのは母ばかり。本人はいたって楽しそうな毎日です。訳あってシングル&実家田舎暮らしのアラフォー母ちゃん。Wワークで仕事探し中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お気に入りの子ども服が気づかぬうちにサイズアウト!「預ける服」はこう選ぶべし!
昨年は保育施設での事故で14人が死亡。果たして保育の質は低下しているのか? by 斗比主閲子
1歳児うつ伏せ寝事故から、保育の質と安全について考える

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP